チームビルディングのメリット・デメリットと解決策 – 完璧なチームビルディングプログラムを選ぶためのガイド

Table of Contents

チームで仕事をする場合、協力、相互の信頼、円滑なコミュニケーションなどの面において、常に課題を伴います。効果的なチームになるためには、常に努力と献身が必要です。だからこそ、チームビルディングは非常に有益なのです。

チームビルディング活動は、チームの質と健全性を高めるための素晴らしいツールです。しかし、チームビルディングが正しく行われた場合にもたらすメリットがある一方で、いくつかの潜在的なデメリットもあります。 

明確に言うと、チームビルディング活動のデメリットとは、すべてのプログラムがすべてのチームに適しているわけではないということです。現在、チームビルディングのアクティビティの選択肢は無限にあり、それぞれの活動にはプラス面とマイナス面があります。適切なチームビルディングプログラムを選択する際には、チームのニーズ、制限、および制約を見極める必要があります。

私たちは、どんな問題にも解決策があり、予算や時間に余裕がなくても、最終的にはチームに投資する価値があると信じています。デメリットを知ることで、チームビルディングについて前向きに判断し、メリットを享受することができるのです。

今回のブログでは、チームビルディングのメリットとデメリット、そして可能な解決策をご紹介します。この記事を読むことで、チームビルディングの活動で考慮すべきことや、チームビルディングの経験を最大限に活用する方法をよりよく理解していただけると幸いです。

チームビルディングのメリット

チームビルディングの利点については、他の記事でもたくさん書いてきました。全体的に見て、チームビルディングの最大のメリットは、チームをより効果的にすることです。これはチームが生産性を高めながら良好なコミュニケーションを維持し、相互に健全な関係を築くことを意味します。 それは「仕事を成し遂げること」と「信頼」の組み合わせです。

チームビルディング活動はこれらの分野でチームに挑戦し、強い分野ともっと努力が必要な分野を認識させることで達成されます。このフィードバックと知識は、活動中に共有した楽しい思い出と組み合わされて、チームが今後も発展し続け、より強く成長していくことを可能にします。

ここでは、チームビルディングの具体的なメリットを紹介します。(多くのメリットがあるため、簡単に説明できるようにリスト化します)

•同僚をよりよく知る

•チーム内での信頼関係と包括性を構築する

•チームメンバーのモチベーションを高める

•創造性を刺激し、新しいアイデアを生み出す

•新しいスキルやプロセスを学ぶ

•より良い問題解決者になる

•チームの団結力を高める

•ストレスを減らし、一緒に楽しむ

チームビルディングのデメリット:考慮すべき懸念事項

上記のようなメリットに加えて、いくつかのデメリットもあります。しかし、それらをすべてのチームビルディングプログラムに不可欠なものと考える必要はありません。むしろ、これらは考慮しないとデメリットに転移してしまう可能性のある懸念事項です。また、これらのデメリットを意識することで、それらを回避し、よりチームのニーズや個性に合ったプログラムを選択することができます。

チームビルディングは非常に高額になる可能性がある

チームビルディングのイベントの中には、かなりの費用がかかることもあります。お金をかけようと思えば、どこまでもかけられるものです。大規模なイベントや高額なグループ旅行には、もっとコストをかけなければならないというプレッシャーを感じるかもしれません。しかし、当然ながらチームビルディングのために従業員を南国の島の保養所に連れて行けるような予算がある企業は、世界でもごくわずかです。

実際には、もっと手頃な価格で同じくらいの効果が期待できる選択肢は、たくさんあります。大規模なイベントよりも、チームで行う小規模なイベントの方が良いかもしれません。同様に、高価なトレーニングセッションやコーチは、あなたのチームが本当に必要としているものではないかもしれません。プログラムが提供するものと、チームが求めているものとを比較して、コストを検討する必要があります。

また、予算が限られている場合でも、何らかのチームビルディングを実施することをお勧めします。小グループでのおしゃべり、屋外でのピクニック、即席のオフィスパーティーや講演会など、自分たちで企画することができます。今、チームビルディングに力を入れることは、将来的にチームに大きなメリットをもたらします。

チームビルディングは時間を費やし、定期的に開催する必要がある

チームビルディング活動は、計画と実行の両方に非常に時間がかかる可能性があります。また、1回のイベントだけでは、思うような長期的な効果が得られないことも念頭に置いておく必要があります。チームビルディングは、定期的な取り組みが必要です。

チームビルディングの活動は時間を費やすという性質は、チームにとって深刻な懸念事項かもしれません。チームビルディングに費やす時間がないと思うかもしれませんし、チームビルディングによって今取り掛かっている「生産的」な仕事から一時的に時間を奪うことになると思うかもしれません。

実際には、チームビルディングは時間の優れた使用法であり、後々チームの生産性を高めるのに役立つのですが、「チームビルディングは時間の無駄」という固定観念は、時にチームの時間に見合わない活動を選択してしまう事実から来ているのです。

したがって、一番の解決策は、チームにとって有益で役立つアクティビティを見つけることです。そのためには、チームの現状と目指す目標を適切に見極める必要があります。

チームビルディングに費やせる時間がないという懸念事項に関しては、チームビルディングは本当にいつでも行うことができることを覚えておいてください。先に述べたように、短いプログラムを選択することで、チームビルディングを定期的に行うことができ、大規模なイベントの開催を減らすことができます。

また、チームビルディングは、夕方や週末、休日に行うこともできます。もちろん、誰もが自由時間を使ってプログラムに参加したいと思っているわけではありません。しかし、だからこそ、自分のチームに合ったボリュームで、皆が楽しめるアクティビティを見つけることが重要なのです。チームに合ったイベントでは、メンバーは自分たちがやっていることが仕事に関係しているのだということを忘れて楽しむことができます。そしてチームビルディングのイベントの後、チームが結束し、幸福度が増していれば、余分な時間を費やした価値が十分にあったと感じられるのです。

チームビルディングの活動が裏目に出て、逆効果を引き起こす可能性がある

チームビルディング活動は、チームメンバー間のコミュニケーションを向上させ、関係性を強化することを目的としていますが、たとえば、競争が激しすぎる場合などは、逆効果になってしまう可能性もあります。さらに、メンバー間や部署間の優越感を増幅させてしまうこともあります。また、チームメンバー間に深刻な敵意がある場合、強制的にチームビルディング活動に参加させることで、事態を悪化させてしまうこともあります。

このため、チームビルディングのプログラムをどのように組み立てるかに注意する必要があります。チームワークの欠如を暗に批判したり、罰したりしているように感じられると、そのようなアクティビティは逆効果になる可能性があります。むしろ、チームビルディングは、成功の祝ったり、チームの一体感を高めるための方法としてとらえるべきです。

健全な競争は場合によっては問題ないかもしれませんが、十分に管理する必要があります。また、最後にチームワークを促進するようなアクティビティを見つけることも提案します。例えば、インバイトジャパンの提供するプログラムでは、多くのアクティビティに「ファイナルミッション」という要素が含まれており、チームが一致団結して最後の課題を解決しなければなりません。 

最後に、個々のチームメンバー間の関係が緊張状態にある場合、中途半端なチームビルディング活動では解決になりません。このような場合には、紛争解決の専門家に相談した方がよいでしょう。また、チームビルディングは、そこにたどり着く方法を教えてくれるとしても、幸せで健康的で心理的に安全な職場環境を作るために必要な業務の代用として使用すべきではありません。

誰もがチームビルディング活動を楽しんでいるわけではありません

チームビルディングのプログラムに参加する動機は、人によって大きく異なるかもしれません。ワークフローや同僚との関係を改善したいと思う人もいれば、急ぎの仕事がある中チームビルディングに時間を取られてしまうことに不快感を覚える人もいるでしょう。チームメンバーの中には、プログラムに参加しながら他の作業を行おうとするメンバーもいるでしょう。また、チームビルディングのためのエクササイズは無意味だと考え、参加を拒否したり、否定的な態度でチームを貶めたりする人もいるかもしれません。

このような事態を避けるためには、チームビルディングの演習中は、参加者が仕事を完了させることを期待していないと明確に示す必要があります。また、参加者には、パソコンのメールや仕事用のブラウザのタブを閉じるように促す必要があります。

チームメンバーの中に参加したがらない人がいると感じたら、少しの間、ストレスから解放されて同僚と一緒に参加するように勧めてください。私たちの経験では、彼らはアクティビティのルールを十分に理解していないために不安になっているだけで、チームメイトと一緒にアクティビティを楽しむためには、もう少し詳しい説明が必要な場合があります。

否定的な意見も、時には学習の機会になる可能性があります。チームビルディングの強みの一つは、チームに自分自身のことを見せることです。そのため、あるメンバーがネガティブになっているのを見たら、未知の状況にどう対処するか、危機にどう対処するかなど、今後の議論のベースにすることができます。

他のチームメンバーは、チームビルディングアクティビティを休憩と考えるかもしれません。私たちは、チームビルディングアクティビティをリラックスした枠組みで行うことを強くお勧めしますが、依然として参加者が実際に参加することが重要です。そのため、アクティビティを始める前に、その目的と期待値をチームメンバーに伝えておくことが重要です。そうすれば、最初から全員が同じ考えを持つことができます。 

必ずしも全員がチームビルディング活動に参加できるわけではありません

アクション性の高いアウトドア・イベントなどは、おそらく多くの人にとって魅力的なものでしょう。しかし、すべての人がそうであるとは限りません。体に障害のある人は、参加できないと感じるかもしれませんし、スポーツやアウトドアが苦手な人は、不快感や恥ずかしさを感じるかもしれません。 他にも考慮すべき要素はたくさんあります。例えば、誰もが泳げるわけではありませんし、高所恐怖症の人もいます。

チームで一緒に食事をすることを計画している場合、アレルギー、宗教、ライフスタイルの違いなど、さまざまな食事制限に関する多くの落とし穴もあります。 また、飲み会の場合はお酒が苦手なメンバーもいるかもしれません。

一方で、オンラインのチームビルディング・イベントも、すべての人に適しているわけではありません。自分だけで使える部屋がない人や、小さな子どもから目を離せない人もいるでしょう。また、インターネット環境が整っていない人もいるでしょう。

このような問題は、アクティビティを慎重に選び、チームメンバーについて十分な知識を得て(または調べて)、個々のニーズを考慮することで回避できます。これは、チームビルディングのイベントを選択する前に、チームを評価するという大きなプロセスの一部であるべきです。

もちろん、すべての人の好みに合うチームビルディングはありません。だからこそ、チームビルディングのアクティビティの種類を変えることが重要なのです。そうすることで、メンバーが好きではないアクティビティを何度も行うことがなくなります。また、メンバーが新たなスキルや好みを発見することで、チームをより豊かにすることができます。

まとめ

チームビルディングは、チームメンバーの生産性や幸福度を高め、ストレスレベルを下げることができる素晴らしいツールです。メリットはたくさんあります。しかし、イベントが適切に実施されなかったり、チームのニーズや目標を満たせなかったりした場合の潜在的なデメリットにも注意する必要があります。インバイトジャパンでは、貴社やチームメンバー個々のニーズや懸念事項について話し合い、貴社のチームに合った、またチームメンバー同士の距離を縮めるようなチームビルディングイベントを提供させていただきます。

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Related Article