チームにおける「集中力」と「注意力」入門編:集中力とは何か、そして集中力を高めるための共同作業の方法 

目次

今月は、集中力、注意力、時間管理、そしてこれらの問題がチームに与える影響についての、新しいブログシリーズを開始します。このシリーズの最初の記事では、「集中」とは何か、そしてチームが「共に集中する」ことの意味について見ていきます。

時間管理や集中力に関するアドバイスは世の中にたくさんあります。デジタル技術やソーシャルメディア、ストリーミングサービスが普及したこの時代、私たちは皆、これまで以上に気が散り、集中力が低下しているように感じているようです。そしてより重要なのは、私たちがそのことに不安を感じているという点でしょう。

おそらく、私たちの生活における気を逸らすものの規模や相互浸透、選択肢の多さ、あるいはそれらの選択肢の空虚さなどといった理由により、私たちはこれまで以上に「すべきこと」をしていないように感じています。「重要なこと」に集中していないように感じるのです。

そのため、時間管理や集中力の高め方を学ぶことは、自己啓発や自己開発のアドバイスをする人たちの間で急成長しているテーマになっています。瞑想、目標設定、スケジュールの立て方など、その対処法は多岐にわたります。このブログでも少し前に、自宅で仕事をしながら集中する方法について話したとき、この興味深い分野に触れました。

しかし、調査をしていて気づいたのは、集中力や注意力に関する情報のほとんどは、個人を対象としているということです。これらはすべて、自分がどのように集中し、どれだけ成果を上げるかについては、自分自身だけが責任を負うと言っているように思えます。

チームの役割を再認識する

では、こういった場面におけるチームの役割とは何でしょうか?あるいは家族、あるいはコミュニティの役割は?これほど多くのお金や研究、テクノロジーが私たちの注意をそらそうとしているのに、なぜ自分たちだけですべて対処できる(あるいはすべき)ものだと考えるのでしょう。

もちろん、インバイトジャパンはチームビルディングの会社ですから、興味関心はチームに関することがほとんどです。しかし、私たちが集団で集中し、時間を管理する方法については、明らかに注意が払われていないのが事実と言わざるをえません。

このブログ記事は8月からの新しいブログシリーズの第一弾です。テーマは、集中力、注意力、時間管理、そして注意散漫を防ぐ方法です。しかし、このテーマでは集中し、目標を達成するために、チームの役割と協力することを強調する、異なるアプローチを取りたいと考えています。

なぜなら、これこそが本来のあるべき形だからです。集中力がないために気が散ったり、圧倒されたりしていると感じるのは、目標に到達できない(あるいはそもそも目標が達成されていない)ことに対する不安を表現しているものです。そして、このように集中や注意力について考えるとき、私たちの目標や夢を発展させるために他人が果たす役割を認識しないのは、同じくらい愚かなことと言えるのではないでしょうか。

「集中力」と「注意力」とは?

前回、「注意力」と「集中力」について述べたことを少し復習しておきましょう。あの記事はハイブリッドチームやリモートチームに向けて書かれたものでしたが、この教訓は本当にどのチームにも適用できます。

私たちが示そうとしたのは、「気を逸らすもの」と「集中力」は特定のタスクに結び付けられることが多いが、「注意力」とはそういうものではない、ということでした。確かに、その場その場で特定のタスクに気を取られることはあるでしょう(家事や用事を思い浮かべると分かりやすい)。しかし、人々が注意散漫になることを心配するとき、本当に話しているのはもっと深いことなのです。

3つの「光(Light)」の注目レベル

ジェームズ・ウィリアムズ氏によれば、「集中力」と「注意力」には3つのレベル、つまりカテゴリーがあります。彼はそれらを「光」という言葉で表現しています(光は、注意を引きつけることができるからです)。

1. スポットライト(Spotlight) 

スポットライト(Spotlight)レベルの注意とは、その瞬間に行うことに集中することを意味します(ある特定の活動に大きなスポットライトが当たっているのを想像してみてください)。人生の大きな目標ではなく、行動やタスクのレベルを包含しています。

しかし、先ほども言ったように、私たちが「集中力」や「注意力」について考える方法の多くは、通常、タスクを中心に展開されるため、「集中力」や「注意力」についての考え方がこのレベルにとどまってしまうのです。

スポットライト・レベルの集中の例としては、皿洗いを挙げてみましょう。皿洗いをするとき、あなたはそのタスクに集中することを選択しているのです。同じことが、メールを書いたり、プレゼンテーションをしたりするような、特定の仕事のタスクにも言えます。

チームでは、コーディングやメール作成、顧客とのコミュニケーションなど、個々の役割やタスクにスポットライトが当てられるでしょう。チームでは、これらのタスクに集中しがちで、他の分野に注意が向かなくなってしまうのです。

2.スターライト(Starlight)

次のレベルはスターライト(Starlight)です。スターライト・レベルの注意では、より大きな目標や価値観を扱います。あなたを「導く」ことができる、夜の星明かりを思い浮かべてみてください。星明かりは、あなたの特定の人生のために作られたものではないので、正確な方向を示すことはできません。しかし、もしあなたが大まかな方向性を知っていれば、それをナビとして活用することができるでしょう。

同様に、目標や価値観は、そこに到達するための具体的な方法を与えてはくれません。「アーティストになる」「ビジネスを創る」という目標があるからといって、そこに到達するための方法が1つとは限りませんよね。

そして、チームにおけるスターライトも同じく、把握しにくかったり、あるいは見えにくくなっている場合がよくあります。多くの場合、目標はチーム外の誰か(上司や上層部)によって作られたものです。または、集団としての目標がなかなか出てこないこともあるでしょう。

しかし、チームとしての目標を把握することは、(何度も言うように)信頼とチームの結束という強固な基盤を確立するための重要なステップです。そして、チームとしてスターライトに注意を払うことで、チームはより容易に集団的な意思決定を行うことができます。

3. 昼の光Daylight

最後のレベルの注意は、私たちのメタ認知に関係したものです。つまり、私たちが何をどのように知っているか、どのように考えているか、そして世界に対する私たちの認識と関係があります。このレベルが「昼の光(Daylight)」と呼ばれる理由は、私たちの周りにある光であり、私たちが世界を見ることを可能にしてくれるものだからです。

このレベルは、おそらく説明するのが最も難しいものと言えるでしょう。というのも、私たちは一般的にこのレベルについて考えることがないからです。なぜ自分達がそのように考えるのか、そのことが目標を決め、それに向かって努力する方法にどのような影響を及ぼすのかといった思考を止めることはあまりありません。

しかし、このステップを踏むことは、特にチームにとって重要なことです。このブログでは、つい先月、考え方や問題解決の方法について、一連のシリーズをご紹介しました。そのときに紹介した方法の多くは、問題の見方や考え方など、ある種の前提条件に基づいています。

例えば、すべての問題は論理的に解決されなければならないと思い込んでいると、創造的な思考方法を見逃してしまうかもしれません。また、いつもクリエイティブな解決策を考えていると、より迅速で現実的な解決策を見落としてしまうかもしれません。私たちの思い込みは、幼い頃から染み付いているものもあり、時に全体像が見えなくなり、本当に大切なものに目を向けられなくなることがあるのです。

つまり、私たちの「集中力」は、私たちの考え方に基づいていることが多く、私たちの考え方こそが、何を重視するかを決定しているのです。この事実をチーム内で共有することは、どこに焦点を当て、どのタイミングでフォーカスを移すかを判断する際に、非常に有効です。また、チーム内の視点が多ければ多いほど、そして考え方のスタイルが多様であればあるほど、一つの思い込みが定着する可能性は低くなることも明らかでしょう。

チームは個人の「集中力」を高めてくれる

この3つのレベルをまとめると、「注意力」と「集中力」は、問題や課題をどう処理するか、目標は何か、課題は何かという3つの事柄(下から上に向かって)に基づいていると言えるでしょう。

このように並べてみると、「時間管理」や「注意力」の自己啓発の本でチームがあまり言及されていないのは驚きではないでしょうか。なぜなら、これこそがチームの最も得意とするところだからです。人々を集め、より良い考えを持たせ、より大きな目標を達成するために(タスクを分担して)協力し合うことこそが、チームの利点といえます。

つまり、チームとは自分たちを超えた目標に意識を集中させるための方法(人類の歴史上、何度も実証されてきた非常に成功した方法)なのです。一緒に仕事をするとき、私たちはすべての光を組み合わせ、新しいものを一緒に作り出しますが、他の人が一緒にいる分、一人で取り組むよりも、実際に目標を達成できることが多いのです。

これがチームにおける「集中力」と「注意力」の本質的な秘訣です。個人でも出世できるかもしれないし、少しの間なら物事に集中できるかもしれないでしょう。しかし、同僚であれ、家族であれ、地域社会であれ、友人であれ、私たちの人生には最終的に他人が必要なのです。

最後に

これからの数週間、私たちはチームにおける「集中力」、「注意力」、「時間管理」について様々な角度から議論していく予定です。先延ばしにしてしまうことや気を逸らすもの、チームをひとつの目標に集中させる方法などについても取り上げていこうと思います。そのスタートとして今回は「チームは私たちのエネルギーを集中させ、それを生産的または創造的なことに注ぐのに役立つ」という包括的なテーゼを提示しました。そして、共通の目的のために協力することで、重要なことに注意を向けることができるのです。