チームにおけるリーダーシップの築き方: リーダーを育成し、より健全で強いチームを作る方法

目次

今回は、チームにおけるリーダーシップについてのシリーズの第3回です。前の2回では、リーダーシップとは何か、優れたリーダーの資質や役割とは何かについて定義し、その基礎を築きました。続く今回は「リーダーシップとは何か」「優れたリーダーの資質や役割とは何か」を定義することで、その基礎を築き、さらに「チームにおけるリーダーシップの構築と育成」について考えていきます。

チームにおけるリーダーシップの構築とはどういうことでしょうか。というのも、リーダーシップのトレーニングや育成について語る時、「選ばれた人たちのグループ」を思い浮かべる傾向があるからです。多くの場合、経営陣が個別にトレーニングを受けたり、高いパフォーマンスを発揮しているチームメンバーで構成されたグループを想定するでしょう。

しかしここで強調したいのは、リーダーシップをより拡散させ、できるだけ多くのチームメンバーに行き渡らせる方法です。ここで言うリーダーシップとは、別個のものでもなく、選ばれたものでもなく、チーム全体を包含し、サポートや指導を行うタイプのものです。つまり、チームの中から有機的に生まれるリーダーシップのことを指します。

要するに、チーム全体を巻き込み、利益をもたらすような、リーダーシップの文化を創るということです。

リーダーシップを発揮できる風土づくりについて

このようなアプローチのメリットは何でしょうか。ひとつは、チームビルディングという大枠の中でリーダーシップを位置づけることができることです。私たちインバイトジャパンのチームビルディングへのアプローチは、「コミュニケーション、チームワーク、チームの結束といったスキルを強化することで、チーム全体として利益を得る」というものです。したがって、リーダーシップは、チームをより効果的に機能させるために必要なスキルの一部となるのです。

しかし、現状とチームが直面していることにもっと関連した別の議論もあります。私たちはリモートワークやハイブリッドワークへの大規模なシフトを目の当たりにしてきましたが、こうしたトレンドがただの流行としてすぐになくなることはないでしょう。たとえ多くのチームがオフィス環境に戻ったとしても、仕事は既に以前よりオンライン化され、独立性が高まり、階層は少なくなっているのです。 

このような変化から生じるいくつかの弊害を打ち消すには、リーダーシップをより広く、チームメンバー全員の一般的な意識の一部とすることが有効です。リーダーシップを身につけることで、チームメンバーはより大きな視野を持つことができ、チームの進歩や結束に対して、より積極的な当事者意識と責任感を持つことができるようになります。

また、チーム全体のリーダーシップはレジリエンスを高めることにも繋がります。この2年間、突然現れて急速な進展を遂げた危機がいかにチームを苦しめてきたかを多くの人が体験してきました。今後、またどのように現れるか分からない危機に即座に対応できるチームにしていくためには、チーム内でリーダーシップを発揮する文化を醸成し、それによってより多くのメンバーが自信を持ってリーダーシップを発揮できるようになることが重要なのです。

チームにおけるリーダーシップの築き方

さて、ここまでチームにおけるリーダーシップの考え方について、その背景や根拠を説明してきました。次はチームメンバーに自信と能力を持たせ、チームの結束力と回復力を高めるリーダーシップ文化を創造するための方法をいくつかご紹介しましょう。

1. すべては信頼のために

チームにおけるすべてのリーダーシップの基本は「信頼」です。チームメンバーが効果的に仕事をするためには、お互いを、そしてリーダーを信頼しなければなりません。以前、チームにおける信頼についてお話したことがありますが、信頼はコミュニケーション、心理的安全性、そして明確な目的意識と目標を持つことによって築かれると述べました。

信頼に基づいた強い人間関係を持つことで、チーム内でより大きなリーダーシップを発揮することが可能になります(チームビルディングが特に得意とする分野です)。そしてチームメンバーが互いに信頼しあえば、不満や非生産的な競争を生むことなく、異なるリーダーや異なるスタイルのリーダーシップも受け入れやすくなるのです。   

リーダーシップの文化を構築する場合における「信頼」とは、チームメンバーがリスクを取り、失敗することも認めるということです。チームはさまざまな状況に対処する経験が必要であり(後述するように)、そのレベルの信頼があれば、困難な状況や新しい状況に対処することができます。

2. メンタリングとティーチング

チーム内でより大きなリーダーシップ文化を創造する最も良い方法の1つは、チームメンバーを指導し、リーダーシップの教訓を伝えることです。リーダーシップの大きな要素は、実際に多くのリーダーを刺激することにあります。そのため、メンタリングは現在のリーダーを強化すると同時に、次の世代を育成するためのツールでもあるのです。

また、チーム全体の結束力を高め、メンバーのモチベーションを向上させることにおいても、メンタリングは有効です。チームメンバーがチームの未来にワクワクし、その未来を実現することに賛同してくれるようにしたいもの。そのためにもメンターシップの機会を増やすことで、チームメンバーは自分が投資され、期待されていることを実感し、その結果、よりチームに貢献するようになるのです。

3. チーム開発・トレーニング

1対1で行うことが多いメンタリングの機会だけでなく、チーム全体を対象とした開発・トレーニングセッションを提供することも重要です。このセッションは、チーム全体で使えるリーダーシップスキルに特化したものでも、仕事やチームビルディングに関連したものでも良いでしょう。

重要なのは、「チームで一緒に学ぶこと」です。そうすることで、より強い信頼関係を築くことができます(上記参照)。また、通常のオフィス環境以外でも、チームメンバーがお互いに交流し、関わり合う機会を増やすことは可能です。

これは異なる背景の中で、チームメンバーがどのように相互作用するかを見るチャンスといえるため、非常に重要なポイントです。あるメンバーは今までとは違う行動を取るようになるかもしれませんし、今まで気づかなかったメンバーのスキルに光を当てることができることもあるでしょう。これらはすべて、チームメンバーが自分をリーダーとしてどう見ているかに影響を与える可能性があります。基本的に、チームが共に成長する機会を与えることは、チームメンバーにもリーダーとして成長する機会を与えることになるのです。

4. チームメンバーが自分の情熱を追求できるようにする

以前の記事で、「リーダーは与えられた状況において、特定の目標を達成するために出現する」と述べました。多くの場合、リーダーを惹きつける状況とは、その人が情熱を注いでいる事柄に関するものです。ですから、チーム内でリーダーシップを発揮するためには、チームメンバーが仕事において情熱を追求できるようにすることが有効と言えます。

これは、チームメンバーが好き勝手にやって良いということではありません。もちろん、チームの一員であることに変わりはなく、チームの目標や優先順位を念頭に置いて行動する必要があります。しかし、その中でもチームメンバーのアイデアやプロジェクトをサポートする余地は大いにあるでしょう。チームメンバーが情熱を持って貢献できるプロジェクトを担当させることで、モチベーションとオーナーシップの意識が芽生え、それがリーダーシップの発揮に繋がるのです。  

5. 状況認識能力を養う 

もうひとつは、状況に応じたリーダーシップを発揮することで、チームがよりオープンになり、新しいことにチャレンジできるようになることです。状況対応型リーダーシップとは、先ほど述べたように、状況に応じて適切なリーダーシップのスタイルが異なるという考え方を指します。優れたリーダーは、「状況を読む」ことができ、最も適したリーダーシップ・スタイルを用いることができるはずです。 

その4つのスタイルをご紹介しましょう。

  • 指示型…何をすべきか直接人々に伝える・命令を与えるタイプ。
  • コーチング/セリング型… あるアイデアに人を賛同させたり、プロセスを明確かつよりオープンにして人を導くタイプ。
  • サポート型…直接的に何をすべきかを指示せず、最小限の干渉でアドバイスやサポートを与えるタイプ。
  • 委任型…他の人が完全に自分の力で仕事を成し遂げられるようにするタイプ。(これは特定の仕事を誰に任せられるかを理解するという点ではまだリーダーシップが必要ですが、サポートや指示が非常に少ないタイプです。)

それぞれのリーダーシップスタイルが関わる場面は、容易に想像することができるでしょう。しかし、実際にこれらの間を簡単かつ効果的に行き来するのは、なかなか大変なことです。だからこそ、さまざまなチームメンバーに、この4つのスタイルを試す機会をできるだけ多く与えると良いでしょう。

繰り返しになりますが、チームビルディングやチーム開発は、チームが様々な課題や状況に直面しながら、遊び心や実験ができるローステークスの環境を提供する方法なのです。

チームビルディングは、この4つのスタイルを現実世界のチーム全体の成否に影響しない形で試すことができ、チームメンバーには、実際の職場環境のような不安を感じることなく、新しいリーダーシップの役割やスタイルを試す機会を与えることができるのです。

6. 一緒に対立の解決に取り組む

しかし、チームビルディングを行わなくても、対立解決を通じてリーダーシップのスキルやさまざまなリーダーシップのスタイルを実践することができます。チームでは常に対立が起きるものですが、感情を抑え、対立を管理して生産的な方向に導くような方法で解決できることが、リーダーシップの重要な要素なのです。

チームとして一緒に対立を処理することで、チームメンバーとの信頼関係がより深まります。また、リーダーとしてどう行動すべきかをメンバーに教え、その知識をチーム全体に広めることも可能です。さらに、チームメンバー全員がチームの健康と福祉に等しく投資していると感じ、物事をより良くすることに責任を持つようになります。

最後に

以上が、リーダーシップのスキルを身につけ、チームにリーダーシップを発揮する文化を創る方法です。今、チームはより細分化され、バラバラになったワークカルチャーに直面し、より自立し、自己管理し、前向きな自信を持つことが求められているため、より多くのリーダーシップスキルが必要とされています。特にハイブリッドチームやリモートチームでは、サポート役とリーダー役の間を、直接会わなくても自然に行き来できる人材を育成することが必要です。

そこで私たちは、これからの時代に必要なのは、これまでとは異なるリーダーシップの捉え方、つまり、チームメンバー全員が持つべき必須のスキルだと考えています。しかしそのためには、リーダーシップとは一種類ではなく、特定のリーダータイプというものも存在しないことを認識する必要があります。それは、すべてのチームが異なり、完璧なチームが存在しないのと同じことです。

すべてのチーム、そしてすべてのチームメンバーは、思慮深く積極的なリーダーシップの構築から恩恵を受けることができるものであり、インバイトジャパンはそのための機会を提供します。大人気の謎解きパズルを使ったプログラムやアクティビティで、あなたのチームが独自のリーダーシップとチームビルディングの可能性を引き出します。