チームビルディングの主な目標とは?

チームビルディング目標

Table of Contents

目標を明確化することが、チームビルディングの成功を左右します。

あなたの好きなスポーツチームを思い浮かべたとき、もしそのチームの団結力に問題があっても、成功を手にできていたと思いますか?おそらくそうではないと思います。世界で成功しているスポーツチームのように、チームはスイス時計のごとく巧みに機能した状態でいることが理想的です。実際のところ、大概のチームはあらかたの部分でうまく機能しているように見えると思います。しかし明らかに大きな問題がない場合でも、改善の余地は常にあります。そしてすべての小さな歯車が完璧にかみ合ってみると、その状態に至るまでの段階でどれほどの改善が可能であったかに驚くことでしょう。

そこで役立つのが、チームビルディングです。適切で効果的なチームビルディングは、従業員をサポートし、共同作業を効率化させて生産性を高めます。それと同時に仕事のストレスを軽減し、チームの健康に良い影響をもたらします。

チームビルディングの目標

チームビルディングというと、参加者が意味のない奇妙なアクティビティをぎこちなくこなすだけの、時間とお金の無駄なものというイメージを持ってる方も少なからずいると思います。しかし、チームに合ったチームビルディング研修やチームビルディングイベントを適切に行うことで、実際には多くのプラスの効果を得ることができるのです。チームビルディング研修やイベントは、その効果を最大限に発揮できるように、それぞれのチームのニーズに合わせて正確に調整できます。適切なチームビルディングプログラムを継続的に取り入れることで、大幅に改善できるさまざまな重要なポイントがたくさんあります。

チームビルディングから最大限の効果を得るためには、あなたのチームにとっての目標は何かを考えることが大切です。もちろん一番の目標はチームの絆を深めることですが、その他にもチームの健全性を左右する重要な目標を見逃しているかもしれません。

今回は、チームビルディング活動に適したフレームワークを見つけるのに役立つ「目標」について説明します。 

チームの絆を深める

チームビルディング研修は、チームメンバーがより個人的なレベルでお互いを知ることができる、非常に効果的な手段の1つです。例えば共通の趣味などでチームメンバーの絆を深めることができれば、人と人とのつながりが改善され、職場でのコミュニケーションがよりスムーズかつ効率的に行われるようになります。これにより、チーム内の生産性が向上し、組織全体としても恩恵を受けることになります。

特にリモートワークで働いているチームにおいては、名前だけを知っている存在という関係性ではなく、全員がお互いのことをしっかり知ることが重要です。チームメイトを詳しく知ることは、お互いの仕事内容や得意分野についても理解することができるため、助けが必要な時に、誰にいつどのように連絡を取ればよいかを判断するのにも役立ちます。

もし海外のチームと一緒に仕事をしている場合、チームビルディングのイベントは文化の違いを埋めるのにも役立ち、さまざまな生活様式や文化的な影響について学ぶ機会にもなります。

(今日では、リモートで働くチームに最適なオンラインチームビルディングを始め、さまざまなタイプのチームビルディングプログラムが開催されています。)

共に学ぶ

新しいスキルや何か役立つことを学ぶ経験は、非常に満足感があり楽しいものです。チームビルディングのイベントで、チームメンバーが仕事に関係なく新しいことを学ぶことができれば、共通の達成感を通じてチームを結びつけることができます。

また、このような達成感を通じて得られる絆は、(会場型やオンライン型の)脱出ゲームのように、遊び感覚で挑戦できる環境でチームで力を合わせ共通の課題に取り組むことによってでも、培われることができます。このようなアクティビティでは、チームは「安全」に管理された環境の中で課題に立ち向かう能力を試し、成長させることができます。

一緒に課題に取り組むことで、チームメイトの長所や短所、考え方などについて多くのことを学ぶことができます。これは、ストレスの多い状況で一緒に仕事をする上で非常に貴重な情報です。理解・認識が共通していると、ともに仕事をするのがとてもスムーズになります。

直接的には仕事に関係のないように見えるイベントであっても、チームメンバーの距離を縮めたりコミュニケーションを促進したりすることは、仕事の質を全体的に向上させることにつながります。

新しいスキルを学び、コミュニケーション能力や問題解決能力を向上させるもう1つの優れた方法は、インプロ・ワークショップと呼ばれるプログラムを取り入れることです。日本語に訳すと「即興」を意味するこのワークショップは、他の人のアイデアをもとに話や劇を構築したり、その場で即興で考えたりするなど、即興劇の演技スキルに基づいています。とはいえ、演技力は必要ありませんのでご安心ください。チームメンバーは、迅速かつ正直に反応する方法を学び、創造性をすばやく発揮して新しいアイデアを思い付く方法を身につけます。

共に祝う

プロジェクトの完了・製品の発売・新しい重要なクライアントの獲得など、チームで成功を祝ったり互いに感謝の気持ちを伝えたりする機会を持つことは、良いチームビルディングの1つになり得ます。仕事の成果に対する感謝の気持ちを示すことは、チームのモチベーションを高める上で非常に有効です。

逆に、理由がなくても同僚と一緒にくつろいだり、カジュアルな雰囲気の中でお互いを知るためにお酒を飲みたいと思うこともあるでしょう。このようなインフォーマルな形のチームビルディング活動も、チームとして一緒にいることを祝うという意味で重要です。 

目標の達成を祝うことは、お互いに感謝したり、チームとして共に成果を楽しむことの大切さを教え、次の大きなプロジェクトに向けて備えることに役立ちます。

信頼関係の構築

チームメンバーは全員、それぞれ独自のスキルセット(その範囲はまだ完全には把握していないかもしれません)、野心、境界線を持つ個人であることを忘れないでください。チームビルディングを通じて同僚をよりよく理解することは、チーム内の調和と受容を高め、対立の可能性を減らすことにもつながります。

それぞれがお互いを気遣えるチームの中で働くと、ストレスや不安も減ります。力を存分に発揮できる環境は、生産性の向上につながります。

安心して働ける環境を作ることで、チームメンバーは問題を見つけたら率直に指摘するようになり、自信を持って自分の創造的なアイデアを出すことができるようになります。

また、チームメンバーは個人のニーズや仕事のスタイル・好みなどを把握しているので、同僚に仕事を任せやすくなります。

これは「心理的安全性」とも呼ばれ、Googleでの研究をはじめ、それが労働文化にどのような影響を与えるかについて、多くの学術的研究が行われています。

より効率的なチームになるためには

最終的には、チームが目標を達成するためには、より緊密なチームになることが重要です。目標が達成できなかったり、基準や利害関係がない場合、メンバーがどれほど緊密であってもチームは低迷してしまいます。しかしここまで述べてきたように、効率化とチームビルディングは常に密接に関連しているものなのです。

チームの仲が良くしっかり連携が取れていれば、チームはゴールからゴールへと効率よく進むことができます。また、新しい目標を立てたり、それを解決するための新しいアイデアを生み出すことも容易になります。このように、チームビルディングは正の強化のループにつながります。チームビルディングを行うたびにチームの距離は縮まり、より多くの目標を解決できるようになることでチームはさらに団結します。全面的にメリットがあるのです。

これまで説明してきたように、入念に設計されたチームビルディングプログラムは、チームの動きをよりスムーズにし、その潜在能力を最大限に発揮するのに役立ちます。それと同時に、チームメンバーの作業をより簡単に、より快適に、より効率的に、そしてよりストレスのないものにします。健康で活気に満ちたチームを生み出し、前途の課題に立ち向かうための環境と職場文化を作り出すことを目標とします。このようにチームビルディングで達成したい目標を考えることで、チームのニーズや願望に合わせて、より焦点の合ったアクティビティを選択することができます。

インバイトジャパンでは、あらゆるグループのご要望に沿うさまざまなチームビルディングパッケージをご用意しています。オンラインチームビルディング、少人数グループで行える対面式イベント、屋外で行う大規模な街歩き謎解きプログラムなどがあります。詳細やお見積りについて、お気軽にお問い合わせください。

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Related Article