簡単なコミュニケーションゲーム27選! 生産性を向上させる企業文化

コミュニケーションゲーム

コミュニケーションゲームは、企業文化を改善し、生産性を高める優れた方法です。職場にコミュニケーションゲームを取り入れることで、社員はより効果的なコミュニケーションの方法を学び、ゲームの過程でチームワークのスキルを向上させることができます。

チームメンバーが共同作業する上での仕事の進め方の改善から意思決定の方法まで、以下のリストに挙げた27個のコミュニケーションゲームは、社員のコミュニケーション能力をとても簡単に向上させることができるのです。

優れたコミュニケーションが成功するチームの鍵であることは周知の事実です。

より良いチームを構築し、会社の誰もがベストな状態で過ごせる環境を作りたいのであれば、いくつかの積極的な対策を講じることができます。そこで、次の社内会議の前にこれらのアイデアのいくつかを見て、次回の会議やブレーンストーミングでどのように新しいアイデアを実行できるかを検討するとよいかもしれません。

以下に挙げるアクティビティを行う上で重要なのは、チームメンバー全員が意欲を持って参加できるようにすることです。

コミュニケーションゲームとは?

職場にコミュニケーションゲーム

コミュニケーションゲームとは、集団の中で良好なコミュニケーションを促進するために、競争的なチームプレイだけでなく、協力的なチームプレイを用いて行なうアクティビティです。コミュニケーションゲームは、協調性の向上、対立の緩和、他者の視点への気づき、傾聴力の向上、共感力の強化などを目的としています。

このブログでは、企業文化や生産性を向上させるために、組織で実施できる27のコミュニケーションゲームを紹介します。

注目のアクティビティ:スーツケース・ミステリー 

suitcase msytery 2

インバイトジャパンの派遣型ゲームシリーズ「スーツケース・ミステリー」は、チームメンバーとの絆を深めるコミュニケーション・チームビルディングのアクティビティの中で最も人気のあるものの一つです。

スーツケースの中には、さまざまなパズルやチャレンジ、謎に満ちたオブジェクトが詰まっています。ゴールは、制限時間60分以内にスーツケースの中にあるすべての謎を解き、パズルを完成させることです。このゲームでは、開始早々、チームメンバーが自然とコミュニケーションを取り、アイデアを出し合うようになります。これは、いくつもの仕掛けが詰まった魅力的なゲームキットを用いているため、オフィスや会議場にいながら、まるで「脱出ゲーム」部屋にいるかのような体験をチームで共有することができるからです。

スーツケース・ミステリーは、初対面のチームや新入社員研修にも最適です。チームメンバーの緊張を解きほぐし、会話や笑いを誘発することができるのです。

スーツケース・ミステリーの体験を通して、チームのコミュニケーション能力の長所と短所を明らかにすることができます。しかし同時に、より多くのコミュニケーションとコラボレーションを育み、信頼を築き、一人ひとりの記憶に残る楽しい共通の思い出となるのです。

オンライン・チームビルディング

secret agent activity

インバイトジャパンが提供するオンライン・チームビルディング・ゲームなら、コミュニケーション・チームビルディングのアクティビティに楽しさと精神的な刺激を加えることができます。わたしたちは、チームメンバーの興味を引き、参加意欲を高めるような、エキサイティングで斬新なオンラインゲームを開発しています。

このオンラインゲームでは、参加者はコミュニケーション能力と意思決定力を駆使して、ゲーム中に出題されるパズルや刺激的な課題を解決していかなければなりません。 独自のオンライン環境を探索することで、お互いを信頼し、サポートする方法も学びます。また、オンラインであることから、遠隔地やハイブリッドで活動するチームにも適しています。

街歩き謎解き(Hidden Secrets Journey)

ayaka, yurie, and anna playing HSJ

街歩き謎解き(スカベンジャーハント)は、街中や公園、観光地などの屋外で、チームで手がかりを探し、パズルを解いていくものです。

Hidden Secrets Journeyの街歩き謎解きは、スカベンジャーハント(宝探し)の要素と謎解きの要素を組み合わせたもので、参加者はお互いにコミュニケーションを取りながら、それぞれのスキルを組み合わせて、パズルの課題を克服しなければなりません。

このようなチームビルディング・ゲームは、メンバーが一緒に新しい場所を探検・発見することで、ゲーム中もゲーム後もコミュニケーションを増やすのに非常に効果的な方法です。プレイ中は、チームメンバーがうまくコミュニケーションをとりながら、街のいたるところを歩き、そこに隠されたさまざまなパズルを解いていく必要があります。そして、ゲーム終了後には、その時の面白い思い出をチームで共有することができます。

街歩き謎解きは、参加者が多ければ多いほど楽しいものです。また、お互いをよく知らない人たちと一緒に実施することで、絆を深めるきっかけにもなります。

会社独自のクエストを用意すれば、その過程で会社の歴史や価値観について楽しく学ぶことができます。最初にすべてのチャレンジを完了したチームや最もクリエイティブなチームに賞品を用意すると、参加者のモチベーションやチームワークを更に高め、効果的です。

シャレード(ジェスチャーゲーム)

シャレード(ジェスチャーゲーム)

チームメンバーは4~5人のグループに分けられます。最初のラウンドでは、ランダムなオブジェクト(ボールペン、ホッチキス、クリアフォルダーなど)が、チームの一人に内密に提示されます。次に、他のチームには見せずに、その物の使い方を実演してもらいます。この後、自分のチーム全員が30秒以内に正しいオブジェクトを特定します(オブジェクトの難易度によって時間は調整可能です)。

次のラウンドでは、対戦相手の順番となります。各チームメンバーがチームメイトにオブジェクトを実演するまでプレイを続けます。

シャレードは、精神的に疲弊した一日を打破し、チームに仕事とは関係のない楽しいチームビルディングを行う機会を与える素晴らしい方法です。

電話ゲーム

電話ゲーム

電話ゲームでは、全員が輪になって座ります。一人が右側のプレイヤーの耳元で何か言葉を囁きます。右側のプレイヤーは、同じ言葉を更に右隣のプレーヤーに繰り返し伝えます。一周したところで、そのメッセージを声に出して皆に伝えます。次々に伝えていくうちに聞き違いが起きて、どんどん最初の言葉とは違ったものに変化してくるため、人数が多ければ多いほど面白いものになるでしょう。

このゲームは、コミュニケーションに不可欠な「聞く力」を養うのに役立ちます。

私をお店に連れてって

このゲームは、チームメンバーをデスクから立たせ、オフィスから外に出てリフレッシュするためのアクティブなゲームです。

まずチームを2人1組にします。メンバーの一方は、自分のお気に入りやパートナーにお勧めしたいお店、ケーキ屋さん、ピザ屋さんなどを選び、紙にその店までの道順を書いてもらいます。この時、店の名前は伏せておいてください。もう1人のメンバーは、その道順をたよりに、お店に辿り着きましょう。行き方を書いたメンバーは、パートナーが本当に迷ったり困ったときには助言することができます。無事に到着することができたら、そのお店でコーヒーや食事をしながら楽しくおしゃべりをして過ごしましょう!チームビルディングとコミュニケーション活性化の楽しいアクティビティとして最適です。

このアクティビティでは、「プロセスを正確に記述すること」の重要性に気付くことができるでしょう。

ブラインド・ドローイング

これは、シンプルで簡単にできる優れたコミュニケーションチームビルディングのアクティビティです。

チームメンバーそれぞれに絵を描いてもらいます。絵のお題は複雑なほど良いでしょう。次に、チームを2人組に分け、背中合わせに座ってもらいます。ペアの一人が自分の絵をもう一人に説明し、もう一人はその説明に基づいて絵を描かなければなりません。最後に、ペアのメンバーが描いた絵を比較し、役割を交代します。  

このゲームはオンラインでも簡単に遊べます。また、自分の描いた絵を相手に隠すことができれば、必ずしも背中合わせに座る必要はありません。 

このアクティビティは、コミュニケーションの断絶を防ぐために双方向のコミュニケーション(アクティブリスニングを含む)がいかに重要であるかを示しています。

また、このアクティビティは、従業員が職場でのコミュニケーションスキルを向上させる方法について議論するきっかけとなることもあります。例えば、不明確な指示を誰がどのように誤解したのか、また、聞き手が質問をする機会があれば結果はどのように違ったのかを考えてみましょう。

地雷探しゲーム

このアクティビティでは全員がペアになる必要があるため、偶数人の参加者が必要です。公園や空き地のような広い場所で、ボールやコーンなどの障害物を地面に設置し、各ペアの一人がパートナーに目隠しをします。

目隠しをしていない人は誘導役となり、目隠しをしているパートナーを、一方から他方へと言葉だけの指示で誘導しなければなりません。目隠しをされた人は、一切言葉を発してはいけません。

さらに難易度を上げるために、テープを使って特定のルートを作り、そこで誘導役がパートナーをうまく誘導しなければならないようにすることもできます。

人間知恵の輪

人間知恵の輪

このアクティビティには8人から20人のプレイヤーが必要です。参加者全員に円形に向かい合い、肩と肩が触れ合うくらいの距離で立ってもらいます。

全員が右手を伸ばし、部屋の向こう側にいる人の手をつかみます。今度は全員の左手で同じことをします(右手をつないだ時とは別の相手の手をつかむようにしてください)。その後、手を離さずに腕の結びつきを解かなければなりません。制限時間を設けると、より効果的です。

数字カウントゲーム

まずチームを円形に座らせ、互いに向き合わせます。そして、1から10までの数字を1人ずつ数えていくのですが、各メンバーの発言の順番は決まってません。それぞれが自発的に好きなタイミングで発言します。各数字を言えるのは、同時に1人のみです。もし2人以上のメンバーが同じタイミングで発言したら(または発言し始めたら)、もう一度1から始める必要があります。このエクササイズでは、チームはお互いの話をよく聞き、忍耐強くなる必要があります。しかし、このエクササイズはとても楽しいもので、ミーティングやイベントの始めのウォーミングアップとして簡単に行うことができます。

ワンワード エクササイズ

このエクササイズでは、ミーティングのトピックに関連したフレーズを提案し、全員に時間をとって最初に思いついた単語を回答してもらいます。結果によっては、意外な答えが返ってくるかもしれません。もし、チームからストレスや疲れといった意見が出た場合は、この方法を見直した方がいいかもしれません。

この方法は、会議の場で瞬時に意見、考え、感情を表現してもらうので、話題に入る前に場の空気を読む機会が得られます。その結果、より生産的なミーティングを行うことができます。また、このアクティビティは、クリエイティブなブレーンストーミングにも適しています。

スウィフト・スワップ

チームを 2 つのグループに分け、それぞれが向かい合うようにします。

最初に、グループAのメンバーには短い観察時間(15〜30秒)が与えられ、その間に目の前にいる個人個人についてできるだけ多くのことを覚えるようにしなければなりません。その後、グループAは後ろを向き、グループBは必要に応じて好きなように自分自身を調整する時間を与えられます。

誰かと靴を履き替えてもいいし、髪型を変えてもいいし、何でもOKです。グループAは約45秒後に振り向くことができ、5分から10分間で何が変わったかを確認します。グループの規模に応じて、この時間は短くしたり長くしたりすることができます。

このゲームでは、観察力と非言語的コミュニケーションスキルに焦点を当てることができます。チームは、休憩の一環としてこのゲームをプレイして、仕事から気をそらすことができます。

モーニングコーヒー

モーニングコーヒー

このアクティビティでは、リモートチームが定期的にコーヒーブレイク雑談に参加することで、オフィスでの体験と同じようにお互いのことをよりよく知ることができます。4~5人のチーム通話を予定するか、ランダムに2人ずつを割り当て、毎回交代させることも可能です。チームの規模や興味に応じて、このような簡単な通話を週1回、隔週、月1回実施するとよいでしょう。

遠隔地にいるチームにとって、仕事の話をしたり、会議の時間が無駄になっているように感じたりすることなく、雑談をしてお互いを知ることは難しいことです。しかし、このような気軽なおしゃべりをアレンジすることで、普段は交流のない人たちと絆を深めることができます。

最初に思いついたこと

何か問題が発生したとき、チームメンバーに最初に思いついたアイデアを書き出すよう依頼します。そして、そのリストをまとめ、グループで一緒に検討します。

このゲームは、現実の問題や架空の問題に対して新しいアイデアを出すために使うことができます。面白い工夫としては、全員に自分の最悪のピッチアイデアを書いてもらうことです。チームでそれらを見直した後、これらのアイデアは最初に考えていたほど悪くないと分かるかもしれません。

問題や解決策の詳細にとらわれすぎて、本来のアイデアや直感を見失ってしまうことはよくあることです。最初に思いついた解決策を書き留めることで、こうした視点を掘り起こし、新たな解決策を見出すことができるのです。

チームパシュート

このゲームでは、2人から6人でグループを作ります。。 チームの論理的および知的能力、スキルを実行する能力 (適性検査など)、創造性と型破りな思考 (独自のものを作成するなど) を含む課題リストを作成します。(ユニークな握手をする、面白い写真を撮る、など)

そして、各チームを解放し、互いに競争させるのです。このチャレンジは、ほとんど自分だけのスカベンジャーハントを作成するようなものですから、チームで何か手っ取り早く企画したいときに使います。

このゲームでは、走るのが得意な人、頭の回転が速い人、クリエイティブな発想ができる人など、誰もがチームの成功に貢献することができるのです。そのため、チームはより親密になり、今まで知らなかったチームメイトの新たな一面を知ることができます。

一度に4人

このアクティビティでは、少し大人数のグループで非言語的なコミュニケーションスキルを探求することができます。プレイするには少なくとも 9 人のメンバーが必要ですが、参加者が多いほど、アクティビティがうまく機能します。

まず、4人のプレーヤーが立ち上がり、残りのプレーヤーが座っている状態から始めます。10秒間のタイマーをセットし、タイマーが鳴ったら、立っている4人に座ってもらい、別の4人に立ってもらいます。ゲーム中は実際に話してはいけないのがポイントです。

より多くの人が立ち上がった場合は、プレイを続けます。 非言語的コミュニケーションと、ゲーム終了後に、立ち上がるタイミングを知るために人々が使用する戦略について話し合います。 いつ行動すべきかを知るために、同僚がどのようにお互いに依存しているかを明確にします。 これにより、どのように彼らがより緊密なチームになるかについて話し合ってください。

目隠し障害物競走

信頼は、コミュニケーションにおいて最も重要な要素の一つです。そして、目隠しをすることは、社員が同僚を信頼することを学ぶための楽しい方法なのです!

このアクティビティでは、事前にオフィスにある日用品を使って、適度な広さの部屋に障害物コースを作ります。

まずチームを2人1組に分けます。一方のパートナーに目隠しをしてもらいます。そして、目隠しをしていないパートナーが、目隠しをしている社員を障害物コースに誘導してください。チームのすべてのメンバーが参加できるようにします。

プレイヤーは、明確で簡潔な言葉で説明することが重要です。できるだけ少ない言葉で説明することの重要性を強調してください。

カードの破片

カードの破片

このゲームは、その効果から、チームのための最も人気のあるコミュニケーションエクササイズの1つです。理想的なチームのサイズは、1チームあたり3〜4人です。

参加者にトランプを5枚ずつ配ります。トランプの各角から斜めにカットして、三角形のピースを4つ作ります。各チームに同量のピースを割り当て、ピースを混ぜ合わせます。

まず、チームはピースを分類し、完全なカードを作るために何が必要かを判断する必要があります。その後、各チームに約8分の時間を与え、他のチームと必要なピースを交渉してもらいます。最も多くのカードを完成させたチームが勝者となります。

このアクティビティの結果、社員は互いに交渉し、推論し、共感する方法を学ぶことができます。このゲームでは、社員が望むカードのピースを受け取る可能性を高めるために、交渉術を活用することが重要です。ゲームの終わりに、何がうまくいき、何がうまくいかなかったかなど、各チームの戦略について話し合うと効果的です。

ひっくり返そう

このゲームでは、6〜10人のグループで体を寄せ合い、布の上に立ってもらいます。目標は布をひっくり返すことですが、難しいのは、材料の反対側に立ったまま布をひっくり返さなければならないことです。プレイヤーは足を使うことが制限されており、布から離れることも、地面に足をつくこともできません。

このゲームでは、チームは布の上という限られた空間の上にいながら、問題に対する新鮮な解決策を考えなければならないのです。また、全員が参加しなければ成功しないゲームなので、全員が参加する動機付けにもなります。

ナプキンの裏側

2 人〜 4人のグループに分け、明確な解決策がないさまざまな自由形式の問題をチームに与えます。問題は、職場に関するものでも、政治や環境に関するものでもよいです。各メンバーにナプキンの裏に提案をスケッチしてもらうか、書いてもらいます。その後、小グループで意見を出し合い、提案をまとめてもらいます。その後、各チームで大きなグループに対して発表してもらいます。

ナプキンは、最も創造的なアイデアを記録する場所として役立つと言われています(人々が何かアイデアを思いつく時には、その場にある何にでも書いてしまうものだからです)。このゲームの目的は、そんなシナリオをシミュレートし、チームが協力して創造的な問題を解決するように挑戦することです。

ミステリー・ディナー

ミステリー・ディナー

同じ会社の異なるチームの人たちを、レストランでのディナーに招待することが目的です。費用は会社が負担します。

チームメンバーにはディナーの日時だけを知らせ、それ以上は知らせないようにします。そして当日、レストラン名を記載したメールを全員に送ります。

チームメンバーは、普段から交流のある人たちとは別行動にすることが重要です。そうすることで、チームメンバーが現れたときの驚きが増します。これは、個人が自分の快適なゾーンから一歩外に出て、異なる同僚と交流する機会を提供します。

クリエイト・ユア・オウン

このゲームでは、各チームがオリジナルの問題解決アクティビティを設計し、共有します。課題は、肉体的なもの、精神的なもの、創造的なものなど様々です。時間があれば、この後、いくつかのゲームをすることも考えてください。

独自のゲームを作成することは、楽しくて創造的な体験です。さらに、チームメンバーがお互いに課題を提示することで、自分の強みをアピールすることができます。

もしもあなたが「ミスターX」だったら?

チームに、尊敬する有名人やリーダーを思い浮かべてもらいます。その人物は、有名人、実業家、活動家、インフルエンサー、あるいは親類でもかまいません。

次に、チームに問題を出します。チームメイトに、その人物になりきって問題に取り組んでもらいます(その人物になりきって取り組んだ場合、さらに追加ポイントが貰えるようにして下さい)。他人の視点に立つことで、チームメンバーは自分の頭から離れ、新しい視点で物事を見ることができます。それに、他人のふりをしてみるのは意外と楽しいものです。

スペクトラム・マッピング

このゲームは、あなたのチームに、あなたが興味を持っているいくつかのトピックについて、洞察力や意見を提供するように求めます。全員に付箋紙とペンを配ります。ホワイトボードに問題や質問を書きます。次に、チームメンバーに時間を与え、付箋に短い答えを書いてもらい、ボードに貼り付けます。

次に、チームで付箋を整理します。整理の仕方は、ボードの左側に似たようなアイデアを並べ、右側に外れたアイデアを並べるという感じです。その結果、左側には人気のあるアイデア、右側にはより常識にとらわれないアイデアというスペクトルができあがります。

このゲームを通じて、チーム内のさまざまなトピックに対する考え方の多様性を発見することができます。不人気な意見が必ずしも間違っているわけではないことを念頭に置いておくことが大切です。この多様性を受け入れることで、チームとして新しい視点や革新的なアイデアを発見することができるのです。

スニーク・ア・ピーク

このゲームでは、チームは2人から4人のグループに分かれ、それぞれの部屋に分かれて行動する必要があります。各チームに、建造物を再現するのに十分な量のレゴを渡し、30分間で完成してもらいます。

各チームがレゴを完成させたら、各チームから一人のプレーヤーに15秒の時間を与え、他のチームの建造物の一つを覗き、走って戻ってチームメイトにそれを説明し、チームメイトは正確なレプリカを作らなければならなくなります。各ラウンドごとに、異なるチームのメンバーが他のチームの建造物を覗き見します。そして、できるだけオリジナルに近い建造物を完成させたチームには、賞品が与えられます。

このゲームでは、チームワークとコミュニケーションが重要な要素になります。一度に見ることができるのはオリジナルだけなので、メンバーによって見え方が違うこともあります。もちろん、構造が複雑になればなるほど、このゲームは難しくなります。

パーフェクトスクエア

チームメンバーを4~6人ずつのグループに分け、それぞれ狭い円になって立つように指示します。一人にロープを渡し、参加者全員に目隠しをするか、目を閉じてもらいます。

次に、各チームがロープを回し、各プレイヤーはロープの一部分を保持するようにします。目指すのは、自分たちのしていることを見ないで、完全な正方形を形成することです。自分たちの正方形が完璧であると思ったら、チームはロープを床に置き、目隠しを外して(または目を開けて)、自分たちのできばえを確認します。

このゲームは、完璧な幾何学的な形を完成させるという単なるゲームではなく、効果的な聞き方、伝え方を学ぶことができます。他のメンバーが何をしているかは誰にも見えないので、ロープから正方形を作るプロセスを通じて、明確にコミュニケーションをとる必要があります。さらに、正方形が不完全なものになるのを見るのは、しばしばとても面白いものです。

コミュニケーションゲームの目的は?

コミュニケーション・ゲームの目的は、参加者がお互いにさまざまなコミュニケーションの方法を模索し、実験できるような構造化された環境を提供することです。コミュニケーションゲームは、チームメンバー間の理解や協力を促進したり、非言語コミュニケーションや筆記コミュニケーションなどの特定のスキルを向上させるために使用することができます。また、新しいコミュニケーション戦略を学ぶためのトレーニングツールとしても利用できます。

コミュニケーションゲームのメリットとは?

コミュニケーションゲームの利点の1つは、チームがコミュニケーションスキルについて学び、練習するための、楽しくてインタラクティブな方法を提供することです。また、コミュニケーションゲームは、他者との信頼関係を構築するのにも役立ちます。最後に、コミュニケーションゲームは、人々が対立をよりよく理解し、解決し、より良い意思決定をするのに役立ちます。

まとめ

以上のように、コミュニケーションゲームはチームワークやチーム内のコミュニケーションを向上させるのに最適です。これらのゲームは、素早く簡単に実行でき、ほとんどの場合、多くの時間や特別なリソースを必要としません。また、これらのゲームは、小規模から大規模まで、どのような種類のチームにも適しており、正式な会議であっても非公式な場であっても効果的です。ぜひお試しください。

チームビルディング完全
ガイドブック

Add Your Heading Text Here

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。