少人数で楽しめるオンラインアイスブレイクゲーム27選

アイスブレイクゲームだけでは仲間意識や信頼感のある環境を作ることはできませんが、楽しくて魅力的で、記憶に残るものであれば、有意義な交流を生み出す可能性が高くなります。

今回は、少人数のグループディスカッションを盛り上げ、円滑に進めるために効果的な、楽しいアイスブレイクゲームをご紹介します。これらのアクティビティは、チームメンバーの興味を刺激し、その後のミーティングやディスカッションなどにより深く取り組めるよう、参加者の積極性を促進します。

そもそもアイスブレイクとは?

アイスブレイクとは、会議の前に人々の会話を弾ませ、リラックスした環境を作るための簡単なゲームやアクティビティのことです。アイスブレイクが成功すれば、ミーティングは生産的になり、人々は自分自身や自分の興味について話したり、議論中のトピックについてさらに深く掘り下げたりすることができます。多くのアイスブレイクゲームは、楽しく簡単に実施できるように設計されており、エキサイティングな会話の話題を生み出す実用的なツールでもあります。

アイスブレイクは、人と人との間にある壁を取り払い、話しやすくする効果があります。共通の話題があると、人はより一層話しやすくなります。

アイスブレーカーを効果的に使うことで、会話が弾み、笑いが生まれ、フロアや部署が違っても、参加者同士が打ち解けることができるのです。

チームビルディング
完全ガイドブック

少人数向けオンラインアイスブレイクゲーム10選

アイス ブレイク 少 人数

あなたはどこから参加してますか?

このアクティビティでは、リモートワークの楽しさを味わうことができます。多くのリモート社員はさまざまな場所や国に住んでいるので、彼らの場所について興味深いことを学ぶことができます。

自分が住んでいる場所に関する面白い事実をいくつか用意し、同僚にあなたが今どこにいるのかを当ててもらいましょう。このゲームは、自分の知識を試すだけでなく、答えを当てることでチームメイトとの絆を深めるのにも最適な方法です。

従業員がお互いについて学びながら手がかりに一緒に取り組むので、アイスブレイクとして最適なアクティビティです。異文化を学ぶ(現地の人の視点を知る)ことは、とても興味深いことです。

仲間と一緒にバーチャルコーヒータイム

リモートワーク中にちょっとしたコーヒーブレイクができるなんて、誰が言ったのでしょう?忙しいスケジュールの合間を縫って、同僚とコーヒーを飲みながら、仕事に関係ないことを話してみましょう。

このアクティビティは、普段オフィスのラウンジや共有スペースで行われていた会話を、そのままオンラインに移行するものです。リモートワークで最も失われていることの一つが、同僚と過ごすコーヒータイムのひとときです。その楽しさは変わりません。ぜひ復活させてはいかがでしょうか?

誰だか当てよう

このクイズは、チームメンバーがお互いについてもっと知るための絶好の機会です。このゲームの理想的なシナリオは、参加者がすでに以前1度か2度会ったことがあり、お互いの性格をおおまかに理解していることです。

ルールは、イエス/ノーの質問を重ねて、それがどのチームメンバーなのかを当てるというものです。事前に問題を準備しておきましょう。軽い質問がたくさんあると、アクティビティがスムーズに進みます。質問はアンケート形式で答えてもらうか、チャットで回答を共有してもらうとよいでしょう。

「あなたは何歳ですか?」「あなたは独身ですか?」といった質問をする必要はありません。アイスブレイクのアクティビティであることを忘れずに、「朝食に何を食べましたか?」「今まで見た中で最悪または奇妙な夢は何でしたか?」など、ちょっとした質問から始めてください。

このような質問はくだらないと思われるかもしれませんが、その答えによって、その人について多くのことがわかります。さらに、「誰だか当てよう」クイズは、同僚に対する思い込みを覆し、チームメイトがお互いの貢献を認めることを学ぶのに役立ちます。

ピクショナリー

ピクショナリーとは、「お絵かき」ゲームのことです。ピクショナリーはリアルな場でしかできないと思っているあなたに朗報です!これは、マウスを使って描かなければならないという事実を除けば、オンラインで行うことはそれほど難しいことではありませんし、マウスを使って描くとどうなるかは誰もが知っています。

ZOOMは、この種のアクティビティに最適なツールです。「ホワイトボード」機能を利用して、どんどん描きましょう。事前にチームに分かれて、ヒントとなるアイデアをブレインストーミングすることをお勧めします。

ゲーム本番で時間を無駄にしないためにも、事前に十分な時間をとってクリエイティブなアイデアを考えておきましょう。そして、たくさんのアイデアが浮かんだら、いよいよ手首を温めて楽しむ時間です。

ピクショナリーは、チームワークとチームメンバー間の協力が重要です。どんなチームにとっても有益なエクササイズとなり、社員同士のコミュニケーションや絆を深めるのに役立ちます。さらに、とても楽しいことが保証されています。

健康/ウェルネスチャレンジ

私たちは、健康(心と身体の両方)がいかに大切であるかを知っているので、このアクティビティを除外することはできません。このアクティビティは、チームメンバーが健康であり続けられるように、全員が一緒に参加するものです。

30日間のウォーキングやその他の体を動かすエクササイズに挑戦してみてはいかがでしょうか?(チームメンバー全員が達成できるようなものを選んでください)。チームメンバーが達成度や進捗状況を共有できるような場所や部屋を用意することも検討してください。また、楽しんで取り組むために、チャレンジを成功させた人には素敵なご褒美を用意してもいいかもしれません。

「We’re all in this together!」という英語のフレーズがあります。「何が起きても私たちは仲間だ」という意味で、苦楽を共にする仲間同士が、励まし合うときに使います。ウェルネス・チャレンジに参加することで、従業員のモチベーションとエンゲージメントを高めることができるのです。同僚が同じことで絆を深め、健康に気を配ることができるのですから、これは明らかにWin-Winの関係ですね。

ZOOMの背景当てゲーム

あなたの好きな画像をZOOMの背景に設定し、同僚に当ててもらいましょう。例えば、韓国ドラマのワンシーン、大好きなアニメのキャラクター、お気に入りの旅行先など、何でも良いです。笑いを通じて同僚との関係を強化することができます。

ハイ&ロー

仕事でもプライベートでも、誰しもが人生のどん底と絶頂を経験します。しかし、その一つひとつが、経験した本人だけでなく、他の人にとっても貴重な教訓となり得るのです。

そこで、(できれば金曜日に)その週の最高の瞬間と最悪の瞬間について話し合う時間を設けてはどうでしょうか。このアクティビティにはある程度の無防備さを伴うので、お互いをよく知っているチームに限られるかもしれません。しかし、新しいチームにとっても、誰もが自分の気持ちを表現しやすい、健全で安全な職場環境を作るのに役立ちます。そして、人々の生活の中で何が起こっているのかを少し知ることができるでしょう。

チームは、アクティビティを通して強い絆を築き、前向きな職場環境を作ることができるでしょう。ただし、フィードバックがないとがっかりするかもしれないので、体験を共有した後に一人ひとりに何か意味のある言葉をかけることも考えてみましょう。

GIFウォーズ

どのメンバーが最も面白い、あるいは最もクレイジーなGIFを作成できるかを見てみましょう。これは、オンラインのどのGIFメーカーでも可能です。小さなアニメーションが完成したら、それを同僚と共有して大笑いしましょう!その後、みんなで活発に議論し、誰が一番面白いGIFを作ったか投票することもできます。同僚間の壁をなくすには、クレイジーなGIFを作るのもいい方法です。 

共通点

このヴァーチャルアクティビティでは、参加者は互いについてより深く知るとともに、自分についての情報を共有します。 

 あなたと同僚の仕事以外の共通点をリストアップしてください。まず、自分についての情報をランダムに発表したり、他の人に質問したりして、つながりを探します。意見交換の結果、共通の趣味や行ったことのあるレストランが見つかるかもしれません。

大規模の組織で、社員同士の親睦を深めるのに適したアクティビティです。

情熱のプレゼンテーション

このアクティビティは、あなたの情熱を同僚と共有するのに最適な方法です。毎週、チームメンバーの一人に、自分の個人的な情熱や、それなしでは生きていけないようなことを話してもらいます。TikTokでのダンス、料理、バスケットボールなど、何でもかまいません。

情熱的なプレゼンテーションは、カラフルなGoogleスライドや画像だけではないことを忘れてはいけません。最も重要なのは、あなたが自分の情熱についてどう感じているか、そしてその情熱を他の人とどう共有するかということです。

同僚に自分の情熱をプレゼンすることは、彼らをよりよく知り、関係を改善するための素晴らしい方法です。さらに、誰かからその話を聞けば、新しい趣味や活動を始めるきっかけになるかもしれません。

少人数向けの対面式アイスブレイクゲーム17選

少人数向けの対面式

真実かフィクションか?

チームメンバーに自分自身について3つのことを紙に書いてもらい、それを部屋中に回します。チームメンバーは順番に受け取った紙を読み上げ、リストのどの事柄が真実で、どの事柄が真実でないか、全員で投票します。その結果はいつも意外なもので、お互いについてもっと知るのに役立ちます。シンプルでありながら楽しいこのアクティビティは、グループ事実かフィクションか?とそのリーダーがお互いを知るための手段でもあるのです。

インタビュー

チームメンバーを2人1組にします。3分間、お互いにインタビューするよう求めます。相手について興味深い事実を3つ見つけなければなりません。グループに戻ったら、パートナーに関する3つの事実をグループの他のメンバーと共有するよう求めます。このゲームでは、時間に注意しながら進めてください。

ヒューマンチェア

参加者全員で輪になって、肩を組んで立ちます。次に左を向き、前にいる人の背中と向き合います。

前の人の肩に手を置いてもらいます。そして、3つ数えたら、後ろの人の膝の上に座ってもらいます。

前の人の体重を支えている間は、全員がお互いの体重を支え合うようにします。誰かが滑ってしまうと、すぐに人間ドミノ倒しになってしまいます。何度か挑戦してみるといいかもしれません。

カンバセーションズ

カンバセーションズ

参加者全員に、一連の指示が書かれた紙が配られます。参加者全員がお互いに話さなければならないので、会話のきっかけとなるゲームであり、イベントのミキサーとして最適です。例としては、以下のようなものがあります。

  • 茶色い目の男性が何人いるか数えてください。
  • 一番遠くまで旅行したことがあるのは誰ですか?
  • 変わった趣味を持っている人はいますか?
  • 今まで食べた中で一番奇妙な食べ物は何ですか?
  • 恥ずかしい経験をしたことがありますか?

クエスチョン・ウェブ

このゲームには、毛糸玉が必要です。チームに円陣を組んでもらいます。毛糸の端を持ちながら、チームメンバーの一人に毛糸玉を投げます。受け取った人は、用意された1~20の中から質問を選び、答えます。以下に20の質問例を挙げました。ご自由にアレンジしてください。

質問に答えたら、輪の向こう側にいる人に毛糸玉を投げます。これを繰り返していくと、円陣の中に蜘蛛の巣ができます。ゲーム終了後、このユニークな蜘蛛の巣は全員で作ったものであり、誰か一人が欠けると違ったものになる、とコメントしてもよいでしょう。

以下は、質問の例です。

  1. もし、あなたが超能力を持てるとしたら、どんな力がいい?
  2. 紅茶とコーヒーのどちらが好き?
  3. もしあなたがお菓子だったら、何になりたい?
  4. 今まで食べた中で一番変わったアイスクリームのフレーバーは何?
  5. あなたの好きな動物は何?その理由は?
  6. あなたはどのホグワーツに属すると思う?
  7. もし宝くじが当たったら、そのお金で何をしたい?
  8. もし歴史上の人物と飲めるとしたら、それは誰?
  9. あなたの好きなディズニーの悪役は誰?
  10. 自分を一言で表すと?
  11. もしあなたがどんな動物でもペットとして飼えるとしたら(適切な世話ができる状態で)、それは何?
  12. もしあなたが世界中のどんな場所にもテレポートして一日過ごすことができるとしたら、どこに行きたい?
  13.  あなたがこれまでにしたことの中で、最も困難だったことは何?
  14. 最近見た、または読んだ本、映画、ビデオでお勧めのものは何?なぜおススメ?
  15. あなたが本当に好きなことを一つ挙げて。
  16.  今週、あなたに起こった最高の出来事を教えて。
  17. もしあなたの家が燃えているとしたら、どんなものを3つ救いたい?
  18. 休みの日は何をして過ごしてる?
  19. 今まで食べた中で一番奇妙なものは何?
  20.  何をしている時が一番幸せ?

お互いをもっと知ろう!

アイスブレイクは複雑である必要はありません。洞察に満ちた質問をするだけで、グループの全員が互いをよりよく理解することができます。例えば、次のような質問です。

  • カラオケでよく歌う曲?
  • 衝動買いしたもので、一番気に入ってるものは?
  • ハロウィンの仮装で一番好きなものは?
  • もしあなたがドラッグクイーンだったら、名前は何?
  • 今まで訪れた場所で一番良かった場所はどこ?
  • あなたの人生を変えた本は何?
  • あなた自身を3つの単語で表現して。
  • あなたは自分でビジネスを始めようと思う?もしそうなら、どのような会社を設立する?

性格診断クイズ

性格診断クイズ

性格診断テストを利用して、しばらく一緒に仕事をしているチームメンバーをより深く知ることができます。オンラインの性格診断テストを選んで全員にリンクを送るか、あるいはプロジェクターで質問書を表示する方法もあります。

各自がテストを終えたら、各ブレイクアウトルームを回って結果を共有します。各同僚の結果について話し合い、他の参加者にその結果に同意するかどうかを尋ねます。アイスブレーカーとして、同僚は異なる視点から同僚について知る機会を持つことができます。こうすることで、どうすればより効果的に一緒に働けるかについて、興味深い会話をすることができます。

1つの単語

このアイスブレイクゲームは、今後のディスカッションのテーマについて、グループの準備をするために使用することができます。このエクササイズの目的は、提示されたプロンプトに対応する一つの単語を参加者に思い浮かべてもらうことです。その後、参加者は小グループでアイデアを出し合う機会が提供されます。

例えば、生産性をテーマにした会議の場合、職場における生産性とは何かを表す言葉を1つ考えてもらいます。重要な会議の冒頭にこのアクティビティを取り入れることで、全員が特定のポイントについて熟考したり、ブレーンストーミングを行ったりすることができ、参加率を高めることができます。

マシュマロ・チャレンジ

大人気アイスブレイク『マシュマロチャレンジ』Ikusa

マシュマロ・チャレンジは、アイスブレイクやチームビルディングのエクササイズとして活用できます。どちらの場合でも、緊張を解き、前向きで持続的な交流を生み出すのに役立ちます。このゲームは、参加者を3つか4つのグループに分け、各グループに20本の乾燥スパゲッティ、紐、テープ、そしてマシュマロを与えます。

競技の目的は、マシュマロを使って最も高い構造物を作ることです。このアクティビティは、個人が協力し合い、創造的な解決策を素早く考え出すのに役立ちます。このゲームではチームワークが成功の鍵であり、最も成功したチームは協力し、チーム間で競争して時間を浪費することを避け、元の解決策が失敗したらすぐに別の解決策を実行します。

「最もあり得そう」クエスチョン

あなたの友人(または全く知らない人)に「誰が何をする可能性が最も高いか」について尋ねることは、彼らがお互いをどのように見ているかについて考えるきっかけとなる素晴らしい方法です。

試しにいくつかの質問をしてみて、あなたの友達が自分も同じような質問をしてみたいと思うかどうか確かめてみましょう!

質問の例として、次のようなものを使うことができます。

  • 将来、世界を支配する可能性が最も高いのは誰?
  • 衝動買いでお金を使いそうなのは誰?
  • 夢想家になりそうなのは誰?
  • CEOになる可能性が最も高いのは誰か?
  • 最も遅刻しそうなのは誰?
  • 誰が一番秘密を守れそう?
  • 誰が最も地上のものを食べる可能性が高い?
  • 最も結婚しない可能性が高いのは誰?
  • 誰が最も億万長者になり得る?
  • 誰が一番ノーベル賞を取りそう?

ミステリーの真実

ミステリーの真実

各自、自分について何か面白いことを書き留めて、ボウルに入れてもらいます。

その後、輪になってボウルを回し、一人一人に一枚の紙を手に取って読んでもらいます。 

読み終わったら、ボウルを回して、他の人が書いたものを全員が読む機会を作ります。

チームとして、誰がミステリーの真実を書いたかを推測し、明らかにします。ただし、誰が書いたかを明らかにせず、ミステリーのままにすることもできます。

ハンドシェイクシェイク

全員に輪になってもらい、独自の握手を使用して、左隣の人に自己紹介をします。

次に、右隣のグループのメンバーに自己紹介をします。

握手をした後、チームメンバー全員と一人ずつ、できるだけ早く握手をしてください。

シャレード(ジェスチャーゲーム)

シャレード(ジェスチャーゲーム)アイスブレイク

アイスブレイクに最適なゲームの1つです。

チームは、与えられたヒントを解読し、単語またはフレーズを推測しなければなりません。このヒントは、演技のヒントとして使うこともでき、さらに盛り上がります。映画、果物、事務用品を当てるという、別のバージョンもあります。

プレイ方法は、2つあります。同僚全員を同じチームにしてプレイすることもできますし、大きなグループを2つ以上のチームに分けてプレイし、チーム対抗戦で競い合うことも可能です。最も多くの単語やフレーズを見つけた人(チーム)がゲームの勝者となります。

スタイルラップ

このアクティビティは、ミーティングやイベントの前に緊張を解き、ちょっとしたユーモアや楽しさで全員が快適に過ごせるようにするための素晴らしい方法です。小グループに最適。

まず、一人の人を選んで、あるトピックについて1〜2分間語って貰います。その後、ストーリーを続けながら、次の人が自分の物語を付け加えます。それをできるだけ長く続けるのが理想的です。

可能であれば、誰かにビートボックスや音楽を背景で演奏してもらうか、全員がフリースタイルで演奏してもよいでしょう。

私は誰でしょう?

このゲームでは、参加者一人一人に付箋紙とペンが配られます。有名人の名前を書き、それをボウルの中に入れて混ぜます。

次にボウルの中から1人一枚ずつ紙を見ないように取り出して、自分の額に貼り付けます。

その後、チームメンバーは自分が誰なのか調べなければなりません。だけです。

チームメンバーは輪になって座り、他のチームメンバーに一人ずつイエスかノーかの質問をして、自分が誰なのかを探しあてます。

最もユニーク

このゲームでは、参加者一人一人に、自分のユニークなところや珍しいところを聞いてみましょう。ユニークさが増すにつれて、このアイスブレイクゲームはより楽しくなります。

このアクティビティは、グループメンバー間のオープンさを促進し、彼らの個性を称えるものです。多くの場合、グループや会社の新しいメンバーと会話をするための貴重なきっかけを与えてくれます。

アイスブレイクの主催者は、全員が何か話すことができるように、各グループメンバーについて何か例を示すことから始めると良いでしょう。さらに、これは参加者が自分のユニークな事実や才能について考えるきっかけにつながります。

フリーズ・ダンス・ゲーム

フリーズ・ダンス・ゲーム

フリーズダンスゲームをして体を動かしましょう! これは、会議を休憩して、参加者の体を動かし、緊張をほぐすのに最適なアイスブレイクゲームです。

参加者に円陣を組んでもらいます。そして、一人の参加者にダンスをリードしてもらいます。

リードする参加者が踊ると、他の参加者もそれに続きます。この後、チームメンバーは突然動きを止め、固まる必要があります。それを見たら、他のチームメンバーも同時にフリーズする必要があります。

全員がその人の動きを真似た後、次にその右側の人がダンスをリードしていきます。

まとめ

少人数向けのアイスブレイクゲームは、ブレインストーミングセッションやチームビルディングを開催する際に、うまく活用することができます。
アイスブレイクゲームは、参加者が絆を深め、お互いを知るのに役立ちます。どのようなグループ活動においても、確実なスタートとなり、参加者の参加意欲を高める最良の方法となります。

チームビルディング完全
ガイドブック