おすすめの面白い罰ゲーム30選!次の企業イベントで大笑い!

おすすめの面白い罰ゲーム30選!

次の社内イベントで何をすれば、みんなの笑顔を引き出せるか考えていますか?それなら面白い罰ゲームがおすすめです。これがあれば、イベントは一瞬で盛り上がること間違いなし!

この記事では、次の社内イベントで大笑いを引き起こす、とっておきの面白い罰ゲーム30選を紹介します。

これから紹介する罰ゲームは、チームビルディングや社員間のコミュニケーションを促進するだけでなく、全員が楽しみながらリラックスする機会を提供します。どのゲームも、参加者を笑顔にし、一体感を生み出すことは確実です。この30の罰ゲームを使えば、社内イベントは忘れられないものになるでしょう。

次のイベントで笑いの渦を巻き起こす、面白い罰ゲームについて一緒に見ていきましょう。

罰ゲームとは?

罰ゲームとは?

罰ゲームとは、ゲームや競技などで負けた人や特定の条件を満たさなかった人に対して行われる、罰としての活動や行動を指します。罰ゲームの内容は多岐にわたり、軽いものから厳しいものまでさまざまです。

罰ゲームは、ゲームや競技の敗者に対する罰として行われる活動です。これにより、参加者は勝利を目指す動機を持ち、競技がよりエキサイティングになります。罰ゲームの内容は、参加者の間で事前に合意されることが多く、笑いを誘う軽いものから、少し厳しいものまで多岐にわたります。例えば、変な格好をすることや、恥ずかしい行動を取ることが一般的です。

罰ゲームは、(ゲームや競技)において、(敗者)に対する(罰)として行われます。罰ゲームの目的は、(参加者)に(勝利を目指す動機)を与えることです。内容は、(笑いを誘う軽いもの)から(少し厳しいもの)までさまざまです。

罰ゲームのメリット・効果とは?

罰ゲームは、一見するとただの遊びの一部かもしれませんが、実は多くのメリットと効果があります。そしてそれは、個人の成長、チームビルディング、そして楽しみそのものに貢献します。

  1. チームビルディングの促進: 罰ゲームは、参加者が互いに親しくなる機会を提供します。共通の経験を通じて、人々は互いに強い絆を築くことができます。これは特に企業のイベントやチームビルディングの活動で有効です。
  2. 個人の成長: 罰ゲームは、個人が自身の限界を押し広げる機会を提供します。罰ゲームを通じて、人々は自分の恐怖を克服し、自己信頼を築くことができます。
  3. 楽しみの提供: 罰ゲームは、単純に楽しい時間を提供します。これはストレスの解消や、日々のルーチンからの脱出となることができます。

罰ゲームは、参加者が互いに協力し、お互いを理解するためのプラットフォームを提供します。それは、互いの弱点や強みを理解し、それに対応する能力を育てることができます。その能力は、ビジネス環境において非常に価値のあるスキルです。また、罰ゲームは個人の自己認識を深め、自己改善のための道筋を示すことができます。

しかし、罰ゲームは適切に行われるべきです。それは参加者の感情を尊重し、誰もが楽しむことができる環境を提供することが重要です。それにより、罰ゲームはただの遊びから、個人とチームの成長に寄与する有益なツールへと進化します。

おすすめ面白い罰ゲーム30選

おすすめ面白い罰ゲーム30選

面白くて楽しい罰ゲーム

歌を歌う

罰ゲームとしての歌を歌う活動は、参加者が一人ひとり自分の歌唱力を披露する機会を提供します。これは、楽しい曲を選択し、他の参加者と一緒に楽しむことで、その場の雰囲気を明るくします。歌を歌うという行為は、自己表現の形の一つであり、一種のエンターテイメントにもなります。

参加者が自分自身を解放し、自分の個性を見せる機会を提供します。歌を歌うことで、参加者は自分の表現力を試すことができ、それはコミュニケーションの一形態でもあります。そのため、この罰ゲームは、楽しさと同時に、チームの絆を深める効果もあります。

面白いダンスを踊る

面白いダンスを踊るという罰ゲームは、参加者が自分のダンススキルを披露する機会を提供します。ダンスは、音楽と動きが一体となることで、楽しさとエネルギーを引き立てます。また、ダンスは一種のパフォーマンスであり、それ自体がエンターテイメント性を持っています。

参加者が自分の創造性と表現力を発揮する場となります。特に、自分だけのオリジナルなダンスを披露することで、他の参加者とのコミュニケーションを促進し、チームの絆を深めることができます。そのため、この罰ゲームは楽しみながらチームビルディングを促進する効果も期待できます。

おもしろい顔をする

おもしろい顔をするという罰ゲームは、参加者が自分の表情を自由に操作する機会を提供します。これは、自分自身を笑いの対象にすることで、場の雰囲気を和ませる効果があります。また、面白い顔をすることは、自分の感情や個性を表現する一つの方法であり、それ自体がエンターテイメント性を持っています。

この罰ゲームは、参加者が自身のユーモラスな一面を見せる場となります。特に、自分だけのオリジナルな面白い顔を披露することで、他の参加者とのコミュニケーションを促進し、チームの絆を深めることができます。そのため、この罰ゲームは楽しみながらチームビルディングを促進する効果も期待できます。

動物のモノマネをする

動物のモノマネをするという罰ゲームは、参加者が自分の演技力を試す機会を提供します。動物のモノマネは、視覚的な面白さとともに、聴覚的な楽しみも提供します。また、それ自体がエンターテイメント性を持ち、場の雰囲気を和ませる効果があります。

参加者が自分の創造性と表現力を発揮する場となります。特に、自分だけのオリジナルな動物のモノマネを披露することで、他の参加者とのコミュニケーションを促進し、チームの絆を深めることができます。そのため、この罰ゲームは楽しみながらチームビルディングを促進する効果も期待できます。

おかしな帽子をかぶる

おかしな帽子をかぶるという罰ゲームは、参加者が自分のファッションセンスを試す機会を提供します。おかしな帽子をかぶることは、視覚的な面白さを提供し、その場の雰囲気を明るくします。また、それ自体がエンターテイメント性を持ち、笑いを誘います。

参加者が自分のユーモラスな一面を見せる場となります。特に、自分だけのオリジナルな帽子を披露することで、他の参加者とのコミュニケーションを促進し、チームの絆を深めることができます。そのため、この罰ゲームは楽しみながらチームビルディングを促進する効果も期待できます。

オフィスをテーマにした罰ゲーム

次の会議でウェイターをする

罰ゲームとしての「次の会議でウェイターをする」は、敗者が会議中に飲み物やお菓子を提供する役割を果たすものです。これは単に飲み物を注いだり、お菓子を配ったりするだけでなく、ウェイターのように振る舞い、快適なサービスを提供することが求められます。この罰ゲームは、罰を受ける人が自身の役割を超えて行動することで、他の参加者を楽しませるためのものです。

この罰ゲームの魅力は、その演技性とサービス指向の要素にあります。ウェイター役を果たす者は、その役割に全力を尽くすことで、他の参加者を楽しませ、笑いを誘います。また、この罰ゲームはコミュニケーションやチームワークを促進し、企業のイベントでの雰囲気を和ませる良い方法となります。

1日中左右違う靴を履く

「1日中左右違う靴を履く」は、その名の通り、敗者が1日中異なる種類の靴を左右に履くという罰ゲームです。これは一見すると単純な課題に見えますが、実際には通常の歩行を困難にし、普段とは違う視線を浴びることになります。

この罰ゲームの楽しさは、異なる靴を履くことによるユーモラスな歩行スタイルと、それによる他の人々の反応にあります。また、この罰ゲームは、普段の生活に一工夫加えることで日常を楽しくするという観点からも面白いと言えます。

有名人の物真似をする

「有名人の物真似をする」は、敗者が選ばれた有名人の特徴的な言動を模倣するという罰ゲームです。これには、その有名人の声や表情、動き、言葉遣いなど、その人物を特徴づける要素を捉える能力が求められます。

物真似の成功度によって笑いを生み出すだけでなく、敗者がどれだけその人物を理解し、再現できるかという部分でも楽しむことができます。また、この罰ゲームは、参加者が新たな一面を発見するきっかけを提供する可能性もあります。

上司や同僚の面白い物真似をする

「上司や同僚の面白い物真似をする」は、敗者が職場の同僚や上司の特徴的な言動を模倣する罰ゲームです。これは、その人物の特性を捉え、ユーモラスに再現する能力が求められます。

見覚えのある行動や言葉を再現することで、共通の理解を共有し、笑いを生み出す点にあります。また、敬意を保ちつつも、普段は見せない一面を引き出すことで、チームの絆を深めることができます。

各チームメンバーに褒め言葉を言う

「各チームメンバーに褒め言葉を言う」は、敗者がチームの各メンバーに対して褒める言葉を述べる罰ゲームです。これは、他者の良い点を見つけ、適切な言葉で表現する能力が求められます。

ポジティブなエネルギーを生み出し、チームの士気を向上させる点にあります。また、他者を褒めることで、チーム内のコミュニケーションが活発化し、相互理解が深まる可能性もあります。

クリエイティブなチャレンジ罰ゲーム

目を閉じて絵を描く

目を閉じて絵を描くチャレンジは、視覚を遮断することで創造力を試されるユニークな罰ゲームです。参加者は目隠しをして、指定されたテーマに基づいて絵を描くことになります。このアクティビティの面白さは、絵がどれだけ予想外で不格好になるかにあります。描かれた作品は、通常の絵とは大きく異なり、笑いを誘います。

この罰ゲームは、イベントの雰囲気を一気に盛り上げます。観客は、描かれる絵がどのように仕上がるかを楽しみにしながら、参加者の奮闘を見守ります。目を閉じて描くことで、普段のスキルやテクニックが通用しないため、誰でも同じ条件で楽しむことができます。結果として生まれるユーモラスな作品は、笑いを共有する良い機会となります。

映画のシーンを演じる

映画のシーンを演じる罰ゲームは、参加者に有名な映画のワンシーンを再現させるものです。参加者は、映画のキャラクターになりきり、セリフや動作を真似します。特に、ドラマチックなシーンやコメディシーンを選ぶと、より一層の笑いを引き出せます。このアクティビティは、参加者の演技力とユーモアのセンスを試す絶好の機会です。

この罰ゲームは、観客も楽しめる内容です。観客は、知っている映画のシーンがどのように演じられるかを期待しながら見守ります。また、参加者がセリフを忘れたり、動作を誇張したりすることで、予期せぬ笑いが生まれます。映画のシーンを演じることで、イベント全体が一体感を持ち、楽しい雰囲気を作り出します。

短い劇を演じる

短い劇を演じる罰ゲームは、即興でミニドラマを作成し、演じるものです。参加者は、与えられたテーマやシチュエーションに基づいて、即興でセリフや動作を考えます。このアクティビティは、創造力と即興力を試されるため、非常にエンターテイニングです。予期せぬ展開やユーモラスなセリフが、観客の笑いを誘います。

チームビルディングにも役立ちます。参加者は協力してストーリーを作り上げる必要があるため、コミュニケーション能力と協調性が求められます。短い劇を演じることで、参加者同士の絆も深まり、イベント全体が一体感を持つようになります。観客も一緒に楽しむことで、イベントはさらに盛り上がります。

短い歌を作って歌う

短い歌を作って歌う罰ゲームは、参加者に即興で歌詞を考え、メロディーに乗せて歌わせるものです。テーマやキーワードが与えられ、それに基づいてオリジナルの歌を作ります。このアクティビティは、創造力とユーモアのセンスを試されるため、非常に楽しいです。参加者がどれだけユニークな歌を作れるかが、笑いのポイントとなります。

この罰ゲームは、イベントの雰囲気を一気に明るくします。観客は、参加者がどのような歌を作るかを楽しみにしながら見守ります。特に、音程が外れたり、リズムが崩れたりすることで、予期せぬ笑いが生まれます。短い歌を作って歌うことで、イベント全体が一体感を持ち、楽しい雰囲気を作り出します。

オフィス用品を使って人形劇をする

オフィス用品を使って人形劇をする罰ゲームは、身近なアイテムを使って即興で人形劇を演じるものです。参加者は、ペンやクリップ、紙などのオフィス用品を使ってキャラクターを作り、物語を展開します。このアクティビティは、創造力と即興力を試されるため、非常にエンターテイニングです。予期せぬ展開やユーモラスなセリフが、観客の笑いを誘います。

チームビルディングにも役立ちます。参加者は協力してストーリーを作り上げる必要があるため、コミュニケーション能力と協調性が求められます。オフィス用品を使って人形劇をすることで、参加者同士の絆も深まり、イベント全体が一体感を持つようになります。観客も一緒に楽しむことで、イベントはさらに盛り上がります。

体を使ったアクティビティ罰ゲーム

短いエクササイズをする

短いエクササイズをする罰ゲームは、体を動かす活動が特徴です。これは、ジャンプジャックやスポットランニングなど、何らかのエクササイズを一定時間または一定数行うというものです。この罰ゲームは、短時間で体を動かすことにより、参加者のエネルギーレベルを上げるため、活気をもたらします。

エネルギーを必要とするこの罰ゲームは、参加者を活発にさせ、イベントを盛り上げるのに役立ちます。また、罰ゲームの一部としてエクササイズを取り入れることで、健康とフィットネスを推進するメッセージも伝えられます。これは、企業イベントにおける健康的なライフスタイルの重要性を強調する素晴らしい方法です。

頭に本を乗せてバランスを取る

頭に本を乗せてバランスを取るという罰ゲームは、集中力とバランス感覚を試すものです。この罰ゲームでは、参加者は頭の上に本を乗せ、落とさないようにしながら歩きます。本が落ちると、罰ゲームは終了となります。

集中力とバランス感覚が必要なため、参加者にとっては挑戦的なものとなります。一方で、観客にとっては、本が落ちる瞬間を待つ緊張感と、本が落ちたときの驚きや笑いが楽しめます。これにより、イベント全体が活気づき、楽しい雰囲気が生まれます。

腕立て伏せ/腹筋をする

腕立て伏せや腹筋をする罰ゲームは、参加者の筋力と耐久力を試すものです。この罰ゲームでは、参加者は指定された数の腕立て伏せや腹筋を行う必要があります。

参加者が自分の体力を試す機会を提供します。また、観客にとっては、罰ゲームの達成を見守ることで、応援やエンターテイメントの要素が加わります。これは、集団の結束力を高め、全体のエネルギーレベルを上げるのに役立ちます。

ミニ障害物コースをクリアする

ミニ障害物コースをクリアする罰ゲームは、参加者の身体能力と創造性を試すものです。この罰ゲームでは、参加者は指定された障害物を乗り越え、コースを最短時間でクリアすることが求められます。

参加者にとっては身体能力と創造性の挑戦となり、観客にとってはエキサイティングな観戦体験を提供します。コースの設定や障害物の選択により、無限の可能性があり、観客の興奮を維持するのに役立ちます。

おかしな歩き方で部屋を歩く

おかしな歩き方で部屋を歩く罰ゲームは、参加者の創造性とユーモラスな面を引き出すものです。この罰ゲームでは、参加者は指定された変わった歩き方で部屋を歩く必要があります。

参加者が自分の創造性を発揮し、他の人を楽しませる機会を提供します。観客は、参加者がどのような歩き方を選ぶのか、それをどのように実行するのかを見ることで、楽しむことができます。これは、イベント全体を明るく楽しい雰囲気にし、参加者間の結束力を高めるのに役立ちます。

食べ物と飲み物の罰ゲーム

変わった食べ物を食べる

通常の食事ではなかなか出会うことのない、変わった食べ物を食べる罰ゲームは、皆の笑いを誘うこと間違いなしです。エキゾチックな果物や珍しい昆虫のスナックなど、予想外の食材が登場すると、罰ゲームを受ける人の反応が楽しみになります。

その食べ物がどれほど珍しくても、食べることが可能なものであれば、食べてみる体験は価値があります。罰ゲームが終わった後も、その食べ物についての話題は会話を盛り上げ、イベントを一層楽しくします。

チームメイトが作った飲み物を飲む

チームメイトが作った飲み物を飲むという罰ゲームは、チーム内の絆を深めるのに役立ちます。スムージーやカクテル、ミックスジュースなど、自由に飲み物を作り、罰ゲームを受ける人に提供します。

飲み物の味は、作った人の個性やセンスを反映します。罰ゲームを受ける人がその飲み物を飲むときの反応やコメントは、周囲の笑いを誘い、一体感を生み出します。

目隠しをして食べ物を味見する

目隠しをして食べ物を味見する罰ゲームは、五感を駆使する楽しさを提供します。目隠しをして、食べ物の形状や香り、味を頼りに何を食べているかを当てます。

食べ物に対する認識や感覚を試すものです。見た目を頼りにしないで食べ物を判断することは、新たな視点を提供し、食べ物に対する理解を深めます。

ミステリードリンクの材料を当てる

ミステリードリンクの材料を当てる罰ゲームは、味覚の鋭さを試すものです。様々な飲み物を混ぜたものを飲み、その中に何が含まれているかを予測します。

味覚の細やかさと想像力を駆使する必要があります。飲み物の成分を正確に当てることは難しいかもしれませんが、それがこの罰ゲームの醍醐味です。

ランダムな材料でスムージーを作って飲む

ランダムな材料でスムージーを作って飲む罰ゲームは、驚きと楽しさを提供します。さまざまな食材からランダムに選んでスムージーを作り、それを飲むことが求められます。

食材の組み合わせによっては予想外の美味しさに出会うかもしれません。また、飲む人の反応を見るのも、罰ゲームを見ている人々にとって楽しみの一つです。

知的で言葉を使う罰ゲーム

制限時間内に謎を解く

制限時間内に謎を解くという罰ゲームは、頭の体操となり、スリルと刺激を感じられるものです。困難な謎が提示され、決められた時間内に答えを見つけ出すというルールが設けられています。このゲームは、参加者の思考力を試すと同時に、一緒に謎を解くことでチームワークを向上させる効果もあります。

この罰ゲームの楽しさは、時間との戦いと、答えを見つけた時の達成感にあります。難易度の高い謎が提示されることで、参加者は頭をフル回転させ、解答を見つけるためのコツやアイデアを出し合うことになります。制限時間というプレッシャーが加わることで、さらに興奮度が増します。

恥ずかしい話をする

恥ずかしい話をするという罰ゲームは、参加者が自身のちょっとした失敗談や面白おかしいエピソードを共有するものです。罰ゲームの中でも特に人気があり、参加者が互いに知らなかった面を発見できるチャンスとなります。

この罰ゲームの面白さは、自分の普段見せない一面を他の参加者に見せることで、互いの理解を深めるところにあります。また、自分の恥ずかしい話を話すことで、場の雰囲気を和ませ、笑いを誘うことができます。

詩や童謡を朗読する

詩や童謡を朗読するという罰ゲームは、参加者が特定の詩や童謡を大声で朗読するものです。参加者は選ばれた詩や童謡を情感豊かに読み上げなければならず、そのパフォーマンスは他の参加者から評価されます。

この罰ゲームの魅力は、参加者が自身の表現力を試すことができ、同時に他の参加者に楽しい時間を提供するところにあります。また、詩や童謡を朗読することで、参加者は言葉の美しさやリズムを再認識する機会にもなります。

滑舌の難しい早口言葉を言う

滑舌の難しい早口言葉を言うという罰ゲームは、参加者が特定の早口言葉を正確に、そして速く言わなければならないものです。このゲームは参加者の発音やリズム感を試すとともに、他の参加者に楽しい時間を提供します。

この罰ゲームの面白さは、早口言葉の難しさとその挑戦性にあります。正確に早口言葉を言うことは容易ではないため、参加者がつまずいたり言い間違えたりする様子は、他の参加者に笑いを提供します。

ジョークを言う

ジョークを言うという罰ゲームは、参加者が特定のジョークを大声で言わなければならないものです。このゲームは参加者のユーモラスな一面を引き出し、他の参加者に楽しい時間を提供します。

この罰ゲームの魅力は、参加者が自身のユーモラスな一面を発揮できるところにあります。また、ジョークを言うことにより、場の雰囲気を明るくし、参加者全員が笑い合う楽しい時間を作り出すことができます。

罰ゲーム重要なポイントと注意点

罰ゲームは、イベントやパーティーを盛り上げるための手段として、よく利用されます。しかし、その一方で、安全性や参加者の感情を尊重するといった点に注意を払うことも重要です。以下、罰ゲームを行う際の重要なポイントと注意点について、5つずつご紹介します。

【重要なポイント】

  1. 参加者全員が楽しめる内容にする: 罰ゲームは、罰を受ける人だけでなく、見ている人も楽しめるものにしましょう。
  2. シチュエーションに合った罰ゲームを選ぶ: 企業イベントやカジュアルなパーティーなど、シチュエーションによって適した罰ゲームは異なります。
  3. 罰ゲームのルールを明確にする: 参加者が何をすべきか理解できるよう、罰ゲームのルールは明確に伝えるべきです。
  4. 罰ゲームの時間を適切に設定する: 長すぎると退屈になり、短すぎると盛り上がりに欠ける可能性があります。
  5. 罰ゲームの後には、和やかな雰囲気を再構築する: 罰ゲーム後には、参加者全員が笑いや会話でリラックスできるような雰囲気作りを心掛けましょう。

【注意点】

  1.  安全性を確保する: 物理的な危険を伴う罰ゲームは避け、参加者の安全を第一に考えるべきです。
  2. 個人のプライバシーを尊重する: 罰ゲームで個人的な情報を強制的に公開するようなことは避けましょう。
  3. 参加者の感情を尊重する: 罰ゲームがあまりにも辛すぎると、参加者が不快に感じる可能性があります。
  4. 罰ゲームの強制参加はNG: 参加者が罰ゲームを行うことを拒否した場合、その意思を尊重するべきです。
  5. 適度な節度を保つ: 罰ゲームはあくまで楽しむためのもので、過度にならないよう注意が必要です。

これらのポイントと注意点を頭に入れて、罰ゲームを通じてイベントをより楽しく、そして安全にしましょう。

まとめ

次回の社内イベントで一体感を高め、笑いを生むために、この面白い罰ゲーム30選を試すことをおすすめします。

これは、チームビルディングの一環として、またはただ単に楽しみたいときに利用できます。重要なのは、全員が楽しめるような罰ゲームを選び、参加者が安全で快適に感じられるようにすることです。

この罰ゲームを試すことで、あなたの社内イベントは間違いなく一層楽しく、記憶に残るものになるでしょう。

楽しくて魅力的なチームビルディングアクティビティをお探しですか?インバイトジャパンが完璧なイベントの企画をお手伝いします。お気軽に無料相談にお問い合わせください。

チームビルディング完全
ガイドブック