心理的安全性、メンタルヘルス、そして発言力 : チームにおける勇気と革新のための環境づくり

心理的安全性は、チーム全体のメンタルヘルスの改善を通して、より率直でオープンな革新的チーム環境を育むことに役立ちます。今回の投稿では、これがどのように行われ、どのようにあなたのチームを助けることができるかをご紹介します。

2015年にGoogleが「良いチームとは何か」という影響力の大きいレポートを発表して以来、組織学やチームビルディングの世界では、「心理的安全性」という概念が注目されています。

心理的安全性とは、プロセスというよりも、理想的な空間や環境の一種を意味するものです。チームメンバーが活躍するためには、あらゆる意味での安心感や安全性が必要であることを表しています。

後述するように、この安全感覚は快適さとは異なります。むしろ、偏見や罰、ハラスメントからの安全性を指すものであり、自分自身、自分の感情、自分の考えを、自由に、何の影響も受けずに表現できるという意味での安全なのです。

2019年に発生したパンデミックは、恐怖とパニックに満ちた状況であったため、心理的安全性は新たな意味を持つようになりました。その安全性は、もはや抽象的なものでも、人間関係から得られるものでもなく、精神衛生にも影響を及ぼしたのです。

特に、旧来の仕組み(オフィス、交流、飲み会など)が崩壊し、あるいは制限される中で、チームとして強固な仕組みを構築することの重要性をすべてのチームが認識するようになったのです。また、リモートワークやハイブリッドワークといった新しいタイプの仕事が出現し、チームの回復と繁栄に役立つ安定化メカニズムが必要とされるようになりました。

さて、パンデミックという目前の危機から離れ、より長期的な視点で状況を見ると、心理的安全、メンタルヘルス、レジリエンスがすべて相互に関連していることは明らかでしょう。

加えて、心理的安全性には、チームをより創造的で革新的なものにしてくれるというメリットもあります。チームのメンバーが心理的な安全性を感じると、より安心してアイデアを共有できるようになります。つまり、メンタルヘルスと創造性には関連性があるのです。

おさらい : 心理的安全性とは何か?

今回のブログでは、心理的安全性、メンタルヘルス、そして発言する勇気を持つことの関係について見ていきます。また、よりダイナミックで革新的なチーム文化を作りたいと考えているチームにとって、心理的安全性がどのように作用しているのか、さらに詳しく調査していきます。

まず、心理的安全の主なポイントをおさらいしておきましょう。インバイトジャパンの心理的安全のワークショップでは、心理的安全の主な構成要素を次の4つに分類しています。

  1. 信頼 : 心理的に安全な環境を形成するためには、チームメンバー全員が互いに信頼し合い、目標を達成するために決定した体制を信頼する必要があります。そのために重要なのが、マネージャー職と他の従業員との信頼関係です。従業員は、上司が意見の対立を理由に自分を処罰したり、疎外したりしないことを信頼できると感じる必要があります。
  1. オープンなコミュニケーション: チームには、互いにオープンにコミュニケーションできる空間と仕組みが必要です(これには、思考、感情、意見も含まれます)。上司やメンターによる積極的なロールモデルや、議論を促進するチームポリシーを通じて、チームメンバーは発言し、正直に話すよう奨励されるべきなのです。
  1. 批評とフィードバック: 一般的なコミュニケーションに加え、チームは互いにフィードバックや批判を行うよう、特に促進する必要があります。チームメンバー、特にチームリーダーは、批判を受け入れる姿勢を持ちましょう。また、メンター制度やチームトレーニングは、若手や新人のメンバーが批判やフィードバックに慣れるのに役立ちます。そして、オープンな議論や討論は、チームメンバーに意思決定に対する納得感を与えるのに役立ちます。
  1. 対立を管理する: 心理的安全性は、チームメンバーが単に居心地の良さを感じるようにするのではなく、意思決定やアイデアをめぐって互いに意見を述べたり、対立したりすることを促します。重要なのは、このような対立をコントロールし、対人関係に波及させることなく、生産的な目的のために活用することです。

ここで重要なのは、この4つの要素が相互に関連し、影響し合っているという点です。例えば、あるレベルの信頼がなければ、本当に発言したり、管理されたコンフリクトを起こしたりできる環境は考えにくいでしょう。一方、そもそも発言したり、対立管理を起こしたりする能力を持つことが、より大きな信頼につながるのです。

心理的な安全性を確保するためには、チーム全体を俯瞰し、どのような点を改善・強化すべきかを認識することが重要です。例えば、すでに議論が白熱しているチームであれば、その結果生じた対立をうまく処理できているか、信頼関係を損なうようないじめが行われていないかなどをチェックします。

もし、あなたのチームがディスカッション中に沈黙しがちであれば、もっと励ましたり、人々が話しやすい別の構造(例えば、1対1や少人数のディスカッション)を作ることによって、チームが発言するように働きかける必要があるかもしれません。

心理的安全性とメンタルヘルス

では、心理的安全性がメンタルヘルスに及ぼす影響について見ていきましょう。メンタルヘルスの問題は個人差があるので一概には言えませんが、チーム全体のメンタルヘルスや健康状態については一般論として話すことができます。

私たちは、チーム内の信頼が高まり、チームメンバーが発言し、意見を聞いてもらう機会があると感じ、対立が人間関係に影響しないように管理されている場合、チームメンバーが不安や恐怖を感じることが少なくなることを知っています。この「不安」と「恐怖」という2つの感情は、ワーカー全体のストレスを高める傾向があるものです。

また、チームメンバーは、職場で認められていると感じたい、自分の仕事が有意義であると知りたいと望んでいることもわかっています。価値と意義はともに、目的と他者との肯定的な相互作用から生まれます。仕事における自己価値の多くは、自分が他者に良い影響を与えているか、チームの大きな目標に貢献していると感じられるかどうかにかかっているのです。

つまり、心理的安全性が働く主な仕組みは、チーム全体のメンタルヘルスにあるということです。チームメンバーが感じるストレスや不安を軽減することで、自分自身の価値やキャリアゴールを持つ個人としての、また、自分よりも大きなプロジェクトに携わる仲間としての本来のポテンシャルを発揮することができるようになるのです。

ここでは、心理的安全性がメンタルヘルスに及ぼす影響について、いくつかまとめています。

  • 自分の意見を言うことをそれほど怖がらなくなる、あるいは不安にならなくなる
  • 罰や仲間はずれを恐れなくなる
  • 批判されたり、変なことを言ったりして、自分の地位を失うことを恐れなくなる
  • 家族、または親しい友人の一員であるような感覚が生み出される
  • 自由にブレーンストーミングができ、新しいアイディアが出せるようになる
  • 陰口を叩かれる心配がなくなり、同僚と自由にコミュニケーションできるようになる
  • 会社に行くのが嫌ではなくなる
  • 自分のアイデアが尊重され、耳を傾けてもらえることがわかるようになる
  • 緊急時、精神的な問題、個人的な問題など、必要なときに助けやサポートを求めることができるようになる
  • どのような役割や立場であっても、信頼され、認められていると感じられるようになる

心理的安全性と発言する「勇気」

「声を上げること」は勇気のある行動だと考えられることが多々あります。しかしそれは、いわば壁に背中を押されたようなとき、声を出す以外に選択肢がないときに限ってのことです。私たちがチームで作りたいのは、そういう状況ではありません。

チームでは、不安やモラルへの脅威を感じて発言するのではなく、日常業務の一環として、自然に発言できる環境を作りたいと考えています。

そして、これこそがより多くの人が声を上げ、発言できる環境を構築する鍵なのです。心理的に安全な環境を作るということは、恐怖や不安のレベルを取り除き、信頼、思いやり、尊敬に置き換えるということです。そうすれば、誰もが安心して発言し、共有し、生産的な対立に巻き込まれることになります。

心理的安全性を得るには

そのためにはまず、心理的に安全な環境を実際に作る必要があります。では、実際にどのようにすればよいのでしょうか。残念ながら、決まった道筋はありません。先に述べたように、心理的安全性は明確なプロセスではなく、状態(または到達すべき目標)なのです。しかし、チームが従うべき指針はいくつかありますので、ご紹介していきましょう。

1. チームを理解する

チームが心理的に安全な環境を構築するために最も重要な方法は、お互いを理解することです。マネージャーは労働者のニーズや個性を理解する必要があり、ワーカーも同様に、チームの大きな意味や目指しているものを理解する必要があります。

そのためには、積極的に話し合い、耳を傾けることが不可欠です。それがかえって信頼を高め、チームメンバーを安心させることにつながるので、目指す最終目標に適しているのです。

2. チームに合った仕組みやツールを見つける

これは、上のステップと同じ考え方の部分です。あるチームにとって有効な仕組みが、別のチームにも有効とは限りません。重要なのは、自分のチームに合うものを探し、柔軟に対応することです。

例えば、同じ国の人たちで構成されたチームと、異なる国の人たちで構成されたチーム。前者の方が、同じような経歴を持ち、同じ言葉を話すため、お互いを信頼し、コミュニケーションをとりやすいという場合もあるでしょう。

対して後者のチームは、同じ環境でも同様の影響を与えることが難しく、様々なグループ間の文化的理解を深めるために、他の方法を探さなければならないかもしれません。

その一環として、大きなグループディスカッションをする前に、同じ言語を話すメンバー同士で話す場を設けることも一つの手段です。そうすれば、他の言語で話すことに抵抗があるメンバーも、自分の意見を伝える機会を得ることができます。 あるいは、混成チームでの活動を増やし、メンバー同士が個人的なレベルで知り合う機会を増やすという方法もあります。

このことから、ブレーンストーミングやディスカッションの方法を変えてみるというのも、さまざまな構造を使った遊びの一つであることがわかります。例えば、大きな議論をする前にチームをペアに分ける、メンターとメンティーのペアを使う、ミーティングの前にチームメンバーに絵を描かせたりアイデアを書き出したりさせるなども、良い方法でしょう。

これは心理的安全性の一部ですが、みんなを巻き込んでオープンにする方法はたくさんあることがおわかりいただけたと思います。ですので、ひとつのやり方にこだわらないようにしましょう。

3. 時間と忍耐が必要であることを理解する

最後のアドバイスは、心理的安全は一日にして成らずということです。それは努力目標であり、常にそれに向かって努力する必要があることを意味します。そして、そのためには時間と忍耐が必要です。

多くの人は、物事がどのように行われているか、または行われてきたかに慣れています。心理的安全性は比較的新しいものなので、多くの人にはまだ馴染みがありません。そのため、チームに導入する方法を説明し、理解するのに時間がかかるでしょう。

しかし、それ以上に、心理的安全性は人間関係とチームダイナミクスに基づくものです。すべての人間関係には絶え間ない努力が必要であり、チームもまた同様であると言えす。一日一日を大切にし、その都度、少しずつチームをオープンにしていくようにしましょう。最終的には、十分な努力とトレーニングによって、あなたのチームは心理的に安全な環境を作り出すことができるようになるはずです。

最後に

心理的安全性は、チームの考え方や行動を変えることができるものです。しかし、そのためには心理的安全の仕組みと、それが実際にチームのどこに影響を及ぼすのかを理解する必要があります。チーム内にポジティブな環境を作ることで、チームメンバーは不安や恐怖を感じなくなり、その結果、一緒に仕事をしたり、新しいアイデアを出したりすることができるようになります。注目すべきは、チーム全体と、そのチームがどのような環境で仕事をしているかということです。このことを念頭に置くことで、健全なチームと、どんなときでも安心して発言できるチームメンバーを育成することができるでしょう。

チームビルディング完全
ガイドブック