チームビルディングの目的とは?

Table of Contents

チームビルディングは、参加者が意欲を持って楽しく取り組めるイベントであるとともに、お互いの距離を縮めてチームをより強化することができます。また、必要なスキルを向上させ、より効果的なチームへと導きます。インバイトジャパンのチームビルディングは、この点を常に目標としています。

しかし、チームビルディングに対し、必ずしもすべての人が肯定的なイメージを持っているとは限りません。プログラム内容によっては、奇妙・退屈・時間の無駄などと思われてしまうことがあります。これは、多くの人がチームビルディングの目的や、実際に何をしようとしているのかを認識していないことが原因の一つだと考えられます。

チームビルディングの目的はとてもシンプルに思えるかもしれません。それは「チームを構築する」という意味の通りです。しかし、チームを構築する方法は単純な作業ではありませんし、ひとつのサイズですべての戦略が成り立つわけでもありません。インバイトジャパンの提供するチームビルディングは、多くの異なるチームで最大限の成果を上げるために、多面的なアプローチをとっています。

もちろん、それぞれの組織は独自のニーズや目標、また研修を通じて得たい成果のイメージを持っています。だからこそ私たちは、可能な限りそれぞれのお客様に合った適切なチームビルディングプログラムを提供したいと考えています。この2つの目的が一致することで、魔法のような相乗効果が生まれるのです。

今回の記事では、チームビルディングの目的とその達成方法をご紹介します。これを知ることで、あなたのチームがチームビルディング活動に向けてより良い準備ができるだけでなく、ニーズに最も適したチームビルディングプログラムを選択するための情報を得ることができるでしょう。

チームの有効性を高める

チームを「構築する」ための最良の方法は、チームの有効性を高めることです。すでに最高のチームだと思っても、さらに効果を高めることで得られる利益は常にあります。すべてが完璧なチームはどこにもありません。

チームの有効性を高めるには、チームとその運営方法に関連するさまざまな分野が対象となります(チームを効果的にする要因については、こちらの記事で紹介していますので、ぜひご一読ください)。以下は、チームの有効性の側面を簡単にまとめたものです。

  • オープンで誠実なコミュニケーション
  • 互いの助け合い
  • 多様性との関わり
  • 課題への対処
  • 共通の目的
  • 委任と意思決定
  • 外部の助けを借りる

チームビルディングの目的は、基本的にこれらの分野を試す場を提供することです。さまざまな課題を乗り越えることで、チームの強い分野と改善すべき分野を認識することができます。チームビルディング活動は、チームの「ストレステスト」のようなものであると考えてください。 

例えば、インバイトジャパンの提供するプログラム『スーツケース・ミステリー』では、チームは60分以内にいくつかの課題をクリアしなければなりません。コミュニケーション能力や意思決定の迅速さ、ヒントやスタッフのアドバイスなど外部の助けを借りるかどうかの判断、また役割を分担するなど、さまざまな要素が求められます。

そのため、チームは自分たちの可能性を実際に試すことができます。最終的な目標は、チームに自分たちの強みと弱みを認識させるだけではなく、さらなる改善を促すことにあります。

チームビルディングの目的は、長期的な成長と成功に焦点を当てるべきです。そのためもっとも良い戦略は、チームビルディングセッションを定期的に行うことです。体を鍛えたり、新しい言語を学んだりするのと同じように、チームビルディングも定期的に行うのがベストなのです。

定期的にチームビルディングを行うことで、チームにとって効果的な領域が強化され、自分たちがどのように改善したかをよりよく理解できるようになります。チームビルディングのプログラムを通して成功を経験することで、チームの成功に対する拍車がかかり、ポジティブなチームビルディングのサイクルが生まれるのです。

チームが成長するためのスペースを作る

チームビルディングでは、参加者は通常のルーチンとは異なるリスクの少ない楽しい環境の中で、安全に自分の限界を試し、お互いについて学び、創造性を広げることができます。

チームが自分たちの力を試しスキルを向上させるためには、それを行うための別の空間と時間が必要です。日常の業務をこなしながら、チームを成長させることができると思うかもしれません。確かにそれは可能ですが、チームビルディングのために、日常の業務とは別に特別な空間と時間を提供することが重要な理由がいくつかあります。

まず1つは、チームにはあまり時間がないかもしれません。仕事やプロジェクトで多忙なチームは、チームについて批判的に考えたりするための、余分な時間や頭を使う余裕はありません。アクティビティに一緒に取り組み、チーム全体でチームビルディングについて考える時間を設けることは、チームの考えを同じ方向へ導き、モチベーションを高めるための良い方法です。もちろん、職場での非公式な結束もチームビルディングの本質的な部分であり、奨励されるべきものです。

もうひとつの理由は、チームを日常のスケジュールやオフィス空間から解放することは、刺激的であり、チームメンバーに新しい考え方をもたらすことができるからです。日々の仕事で一定のパターンに陥ってしまうのはごく自然なことです。どこに行くか、何をするか、誰と話すか、どのような役割を果たすかなど、さまざまなことがパターン化されがちです。このパターンから抜け出すことで、チームに新しいアイデアや創造性が生まれます。人は「新しさ」と向き合うことで、既存の考えから脱却して新しい見方で考えられるようになるのです。

最も重要なことは、チームビルディングでは、チームの強みと弱みを試すための「リスクの少ない」環境を提供することです。現実の仕事やプロジェクトは、成功か失敗かに大きく左右される非常にストレスの多いものです。チームビルディングを実践しようと思っても、このようなリスクの高い環境では難しいでしょう。

そこで、チームビルディングのアクティビティが役立ちます。挑戦する課題は現実的で難しいものですが、リスクはずっと低くなります。

そのため、チームは恐れることなく、成功を経験したり、失敗したり、学んだり、限界に挑戦したりすることができます。そしてチームは、プログラムを通して学んだことや経験したことを、実際の仕事のワークフローに取り入れることができるのです。

チームを活気づける

チームビルディングの主な目的のひとつは、チームと個人の両方を活気づけることです。インバイトジャパンのチームビルディングでは、参加者が楽しさと心地良さを感じられ、チームの持つ可能性について前向きな気持ちになれるよう常に心がけています。

チームビルディングの核心は、自分自身の可能性と仲間や同僚の可能性に目を向けさせることです。

この目的の一部は、チームビルディングアクティビティで課題に挑戦することによって達成することができます。これらの挑戦により、チームは興味深く創造的な方法で考えるようになります。さらに、成功を手に入れるには、チームで協力して考えなければなりません。そのため、チームメンバーは新しい方法で考え、意思決定し、異なるアイデアや意見を取り入れるようになります。

例えば、インバイトジャパンのチームビルディングプログラムは、パズルを中心にしています。これらのパズルは、水平思考、パターンの認識、数学、空間的推論など、さまざまな思考スキルを試すこととなります。これらのパズルは、参加者に異なった方法で考えさせるとともに、チームにさまざまな意思決定方法を用いて正しい答えを導き出すように促します。

その結果、チームは自分たちの見解や思考プロセスを拡大するようになります。チームはまた、成功するために必要なツールをすべて備えていることに気づきます。そして、チームが協力すれば、成長し向上する力があることを認識させることができます。

チームビルディングアクティビティがチームを活性化させるもうひとつの方法は、ワークショップです。これは課題そのものというよりも、正式な教育手段です。ワークショップでは、チームの役割の理解、心理的安全性、チームの発展段階など、チームに関連する特定のトピックを中心に展開します。チームはこれらのトピックについて新しい方法で考えるようになり、アクティビティの中で実際に応用することができます。

今、そして未来のチームの絆を支える

チームが一緒に考え、一緒に成功しようとするときには、もうひとつ大切なものがあります。それは絆です。人間関係はチームのかなめです。そのため、メンバー間のより緊密な関係を構築することによってチームを活性化することが、チームビルディングの重要な目的のひとつでもあります。

これを行うための最良の方法は、チームメンバーに互いに話をさせることです。チームビルディングのアクティビティで課題に直面したとき、チームメンバーは話し合ったり、議論したりしなければなりません。また、彼らはまた互いに助け合い、協力して解決策を見つけなければなりません。

そのため、チームビルディングは、チームメンバーが普段はしないような交流を促すことのできる最適な機会となるのです。新しいメンバーは、より簡単にチームに溶け込むことができ、また普段はあまり話をしない付き合いの少ないメンバーにとっても、お互いをよりよく知る機会となります。

チームメンバーがお互いをよく知り、経験を共有することで、彼らはお互いをより信頼し、将来助け合うことができるようになります。絆が深まることで、チームの効率や生産性、幸福度が高まります。

また、チームビルディングアクティビティは、共通の思い出を作ることで、チームの絆を深めます。たとえ課されたミッションに失敗したとしても、チームは自分たちがどれほど愚かであったか、またどれほど親密になれたかを笑って楽しむことができます。 このような経験は、アクティビティが終わった後も、チームにとっての楽しい共通の話題となります。

まとめ

これまで述べてきたように、チームビルディングの背景にはさまざまな目的があることがわかります。言い換えれば、一見何気ないアクティビティに思えても、そこには合理的な理由があるということです。チームビルディングを行う目的は、チームを活性化させ、より効果的にまとまるのを助け、メンバーが共に学び、彼らのスキルを向上させる場を与えることです。

チームビルディングは、あなたのチームを最高の状態にすることができます。チームビルディングの背景にある目的を理解することによって、あなたのチームが定期的にチームビルディングを行うことで得られるメリットをより認識できるようになるでしょう。   

そして最後にもうひとつ、チームビルディングの目的として忘れてはならないのが、「チームが楽しむ」ということです。インバイトジャパンでは、参加者の皆様に可能な限り楽しい時間を過ごしていただきたいと考えています。オンラインから対面式まで、お客様のニーズや目的に合わせてさまざまなアクティビティをご用意しています。また、お客様のチームに合わせてイベントをカスタマイズすることも可能です。

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Related Article