チームビルディングの価値

チームビルディングの価値

チームビルディングの会社として、私たちはこれまでも繰り返し、チームビルディングアクティビティがいかにチームの「生産性」と「成長」に影響を与えるかについて話してきました。これはチームビルディングアクティビティがチームにどのような利益をもたらすかという価値提案であり、これらのプログラムにかかるコストは、それらがもたらす価値に見合うものであるということを暗に示しています。

しかし、チームや企業内の「成長」や「生産性」に関連するチームビルディングの本当の価値とは何でしょうか?それは測定・定量化できるのでしょうか?そして、それは重要なことなのでしょうか?

チームビルディングの効果を数値化するのは非常に難しいことです。その理由の大部分は、データがあまりないことにあります。チームビルディングをそれ自体の変数として分離することは困難であり、また、チームビルディングが「成長」性や「生産性」の向上の原因なのか、それとも単に相関関係にあるのかを判断することも困難なのです。

しかし、チームビルディングが実際に価値をもたらす可能性のあるいくつかの方法を明らかにするのに役立つデータや統計があります。そこで、次のブログ記事では、これらのデータのいくつかを見て、チームビルディングがチームに実際に価値をもたらすいくつかの方法について説明します。

チームビルディングの価値が重要な理由

チームビルディングにはお金がかかります。個々のプログラムやアクティビティには多額の費用がかかり、会場や外部のファシリテーターを見つけるのも大変です。また、チームのニーズと予算に合ったプログラムを探し、スケジュールとロジスティクスを調整し、チームの他のメンバーの賛同を得るためには、時間的なコストもかかります。

さらに、私たちがいつもクライアントとの打ち合わせやブログで勧めているように、チームビルディングは、チームのスケジュールの一部として定期的かつ反復的に行われるときに最も大きな価値を発揮します。チームビルディングは、身体的なトレーニングと同じように、本当に結果を出すためには、一貫したコミットメントと時間が必要です。そのため、チームビルディングのコストはさらに上昇するばかりです。

しかし私たちはここで、チームビルディングはその潜在的なコストがあったとしても、それだけの価値があることを主張したいと思います。チームビルディングは楽しいイベントを提供するという点で元が取れるだけでなく、イベント終了後もチームの「成長」や企業の収益に影響を与えるのです。

したがって、チームビルディングはチームの未来への投資といえます。そして、すべての投資と同様に、投資に対してどのようなリターンが期待できるかを明確にする必要があるでしょう。ここでは、チームビルディングが企業価値を高める可能性がある3つの分野、「「成長」性」「「生産性」」「定着性」について見ていきます。

チームビルディングがチームに与える付加価値

しかし、チームビルディングの価値について話し始める前に、いくつかの注意点を挙げておきたいと思います。当然のことながら、以下に述べる統計は決定的なものではなく、どのチームにも必ず起こることだと解釈すべきではありません。また、ある主張を擁護するために1つの統計だけを引用することも、当然ながら決定的なものではないでしょう。

私たちの目標は決定的な証明をすることではなく、可能性のある関連性がどこにあるかを示すことです。つまり、チームビルディングと、一般的に企業やチームの価値や長期的な展望に影響を与える領域との間に起こりうる関係を概説することが本当の目的なのです。   

では、それを踏まえて、チームビルディングの価値を3つの観点から見てみましょう。

1. 成長

パンデミック前に実施した2019年の調査では、インバイトジャパンのチームビルディングサービスを利用したクライアント企業(売上高が公表されている上場企業)69社の売上高を集計しました。それによると、過去2期の平均売上高「成長」率は10.4%であることが判明しています。そしてこの数字は、東証一部上場企業の平均増加率2.6%を大きく上回っていることがわかりました。

チームビルディングと「成長」の間に直接的な因果関係を見出すことは難しいですが、上記の統計は何らかの相関関係があることを意味していると言えるでしょう。(パンデミックとその余波が世界の「成長」とサプライチェーンに及んだことは、2020年以降の状況を明らかに複雑にしています。)

「成長」を定義し、そのために何が必要かを考えることは、この記事の範囲外なのでここでは深掘りしません。しかし言えることは、「成長」には長期的な思考と戦略、そして企業やチームの変化への適応能力が必要だということです。

これはチームビルディングによって強化される信頼と団結があれば、より容易に達成できることです。それだけでなく、チームビルディングによる「成長」という価値は、チームビルディングのアクティビティの本質を考えるときにも発揮されるのです。

インバイトジャパンのような価値のあるチームビルディングのアクティビティでは、様々な状況下でチームとして考える力を試す課題が与えられます。このような課題は、精神的にきついものではありますが、一般的にリスクは低いものです。つまり、チームの仕事に影響を与えることなく、チームワークをより良くするための方法を試行錯誤することができるのです。

もうひとつの大きな「成長」は、創造的な思考や新しいアイデアを生み出せるようになることです。ここでも精神的な課題に挑戦したり、普段の生活や環境とは異なる状況にチームを置くことで、チームビルディングはこれまでとは異なる考え方を身につけるための場を提供します。また、チームメンバーは新しい課題に直面したとき、互いの長所やスキルを活用し、インスピレーションを得ることを学びます。   

2. 生産性

2020年のギャラップ社の記事によると、チーム内で孤立感を感じると、「生産性」が21%低下するとのことです。また、ハーバード大学の2006年の研究によると、心臓外科医は能力や経験に関係なく、慣れ親しんだチームで仕事をした方がパフォーマンスが上がると指摘しています。

このことは想像に難くないことだと思います。「生産性」というと、完全に個人の能力や仕事ぶりが関係していると考えがちですが、実はその考え方は間違っているのかもしれません。「生産性」は、コミュニケーションやチームメンバーがどれだけお互いを知っているかに関係しており、つまり、チームの「生産性」を高めるためには、チームビルディングが大きな役割を果たすということなのです。

まず、なぜ「生産性」とコミュニケーションやチームメンバーとの関係強化が関係するのかを考えてみましょう。実は、これはそれほど難しいことではありません。なぜなら、あなたがチームで仕事をしていると仮定すると(チームビルディングについての記事を読んでいることを考えれば、これは当てはまる方も多いのではないでしょうか)、あなたの仕事は必然的に他の人の仕事とリンクしているからです。

どのチームにもマネージャーやリーダー、スケジュール管理者、主催者、経理・予算管理者、技術者など、さまざまな役割を果たす人がいます。さらにコアチームの外にも、他の部署の人たちやクライアント、サプライヤーなど、貴重な仕事上の関係を持つと思われる人たちがいます。

これらはすべてチーム内の大きなワークフロー構造の一部であり、誰からタスクを受け取り、受け取ったタスクを誰と一緒に作業し、終わったタスクを誰に引き継ぐかに関係するものです。

ワークフローは人間関係やチームメンバー間のつながりに関わるものということは、人間関係やコミュニケーションを良くすることで改善できるということです。つまり、ワークフローに問題があったときに、簡単に対処できるようになるということです。そして、これまで対処できなかった問題が出てきたときに、他のメンバーと一緒に解決策を考えることができるようになります。

つまり、チーム内のコミュニケーションを良くし、お互いを良く知ることで、「生産性」を高めることができるのです。そのためには、チームワークとコミュニケーション能力を高めるチームビルディングアクティビティが最適なのです。

リモートチームに関する注意点

現在、多くの人がリモートワークについて考え、リモートワークは人がより孤立していると感じるため、悪いものなのではと思うかもしれません。確かにリモートチームにおける「生産性」は複雑です。しかし、少なくとも一貫してお互いに仕事をしているチーム内では、「生産性」は低下していないようです。

リモートワークの主な問題は、リモートワークそれ自体ではなく、それを取り巻くサポート体制にあります。リモートワークは比較的新しい働き方であるため、チームはまだオンライン環境や遠隔地でのコミュニケーションや強い人間関係を維持するための最適な方法を見つけ出している段階です。これには時間がかかります。

リモートチームの場合は、チームとしてのコミュニケーションをより積極的に行い、誰もが孤立感を抱かないようにすることを強くお勧めします。そのためにも、チームビルディングのイベントをもっと増やすことが重要なのです。オンラインチームビルディングなど、リモートチームでも利用できるオプションがたくさんあります。

3. 維持

ここでお話しするチームビルディングの価値に関連する最後の領域は、「維持」です。チームには人材を確保し、自社に留めておく動機があります。これは単にチームメンバーの個人的なスキルのためではなく(それも大きな要素ですが)、チーム全体への影響も大きいのです。

その中で最も大きいのがチームワークです。先ほど説明したように、チームメンバーが互いをよく知り、より強い絆で結ばれていれば、「生産性」は向上します。逆に言えば、離職率が高いと、その結束力を維持することが難しくなり、常に「新しい」チームを育成しなければならないことになります。

また、離職率は士気にも影響します。離職率が高いと、他のチームメンバーのモチベーションが下がるかもしれません。また、採用候補者も、なぜ離職率が高いのかを疑うことになる可能性もあるでしょう。

これらはすべて「生産性」だけでなく、長期的な「成長」にも影響します。つまり、同僚同士、また同僚とチーム全体との関係をより安定させる必要があるのです。

ギャラップ社の別の記事によると、従業員が「自分の意見が重要である」と感じられれば、企業は離職率を27%も減らすことができるという(現在、米国では30%の従業員のみがそう感じている)データがあります。

離職の主な原因の1つは、従業員が自分の価値が認められておらず、話を聞いてもらえていないと感じていることです。自分を表現できていないと感じると、チームメンバーはそこに留まって十分に貢献しようという意欲が減退します。

チームビルディングは、チームメンバーが自分の考えを共有し、耳を傾けてもらえると感じられるような、より包括的で心理的に安全なチーム環境を作る手助けをします。さらに、チームビルディングはチームメンバーとの距離を縮め、お互いを単なる同僚としてではなく、個人として見ることができるようにします。そうすることで、チームの一員であることを実感できる、より団結力のある、一体感のある構造を構築することができるのです。

最後に

この記事では、一般的なチームビルディングがチームの「成長」と「生産性」にどのような影響を与えるかを紹介しましたが、どのようなチームビルディングアクティビティを選ぶかによって、大きく変わってくるのです。チームビルディングのアクティビティは、チームにとって有益なものであることを意味します。したがって、あなたのチームが実際に何を必要としているのか、何が彼らの挑戦と励みに最も効果的なのかを考える必要があります。

ポスト・パンデミック時代に入り、多くのチームが過去のプレ・パンデミックパラダイムを超える「成長方法」を求めて再び最前線に立つでしょう。だからこそ、チームビルディングの価値がより一層明らかになるのです。未知の未来に立ち向かうために、チームはこれまで以上に適応力、回復力、結束力を高める方法を学ぶ必要があります。

Sources:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000016884.html
https://teambuilding.com/blog/team-building-statistics
https://www.gallup.com/workplace/312683/lead-remote-team-away-burnout-not-toward.aspx
https://pubsonline.informs.org/doi/abs/10.1287/mnsc.1050.0464

チームビルディング完全
ガイドブック