革新的なチームビルディング: フィッチ・レーティングスのインバイト・ジャパンとの旅

fitch ratings

一度バラバラになってしまったチームや、これまで絆を深める機会がなかったチームをまとめるにはどうすれば良いのでしょう?ペースの速い職場環境では、社員、特にパンデミック中に入社したメンバーは、簡単に同僚との間に溝を感じたり、孤立してしまうものです。このケーススタディでは、この課題に真正面から取り組んだユニークなチームビルディングアクティビティにスポットを当ててご紹介します。

私たちの解決策…それは、「スーツケース・ミステリー」として知られる、謎解きをテーマにした魅力的なチームビルディングアクティビティです。このアクティビティは、単なる企業イベントとは一線を画します。スリリングでインタラクティブな体験を通して、メンバー間の様々な垣根を取り払い、楽しみながらコラボレーションを促進するものなのです。

この革新的なアプローチによって、社員が一丸となるだけでなく、隠れた才能を開花させ、職場の人間関係を強化する方法を深掘りします。シンプルかつクリエイティブなアクティビティが、チームのダイナミクスをどのように変えるのか、ご期待ください。

クライアントについて:フィッチ・レーティングス

1914年にジョン・ノウルズ・フィッチ氏によって設立されたフィッチ・レーティングスは、ムーディーズ、スタンダード&プアーズと並ぶ「ビッグスリー」の一角を占める、アメリカの偉大な信用格付会社です。ニューヨークとロンドンに本社を置くフィッチ・レーティングスは、米国証券取引委員会が指定する全米統計格付け機関(NRSRO)の地位を保持しています。NRSROとしては第3位の規模であり、市場シェアは同業他社よりやや小さいものの、戦略的買収を通じて事業を拡大し、しばしば金融セクターにおける極めて重要な「タイブレーカー」としての役割を果たしている企業です。

今回、私たちのチームビルディングプログラムは、社内のコラボレーションとコミュニケーションを強化することで、フィッチ・レーティングスをサポートし、この影響力のある金融機関において、よりダイナミックで結びつきの強い人材を育成することを目的としています。

目的:分断された世界で、つながりのあるチームを作る

インバイトジャパンでは、「スーツケース・ミステリー」というアクティビティを通して、クライアントチーム内の溝を埋め、より強いつながりを育むことを第一の目的としています。多くの組織、特にパンデミック後の組織では、社員が孤立して働くことが多く、異なる部署の同僚との貴重な交流の機会を得られていないことを私たちは見てきました。

私たちの目標は、この状況を変えること。そこで私たちは、「スーツケース・ミステリー」を単なる楽しい気晴らしゲームではなく、チームの絆を深め、チーム力を高めるためのツールとしてデザインしました。このアクティビティは、参加者が普段の仕事の役割から一歩踏み出して、新鮮な方法で協力し、チーム内の多様な才能を評価するよう促すことを意図しています。必要なのは、楽しいだけでなく、壁を取り払い、新たなつながりを生み出す環境を作ることでした。

イベントが終わる頃には、チームを楽しませるだけでなく、より団結させ、互いの長所や能力をより深く理解し、認め合えるものを目指しました。

実行: 「スーツケース・ミステリー」- コネクションとコラボレーションの構築

インバイトジャパンのチームビルディングへのアプローチは、魅力的で有意義な体験を中心としています。その中でも「スーツケース・ミステリー」は、オフィスや会議室を、共同での問題解決とお楽しみの場へと変える、私たちの代表的な屋内アクティビティです。

以下が、それを実現する方法です:

  • 会場設営: 4〜5人で構成されるチームごとに、様々なパズルや課題が詰まったスーツケースが配られます。このアクティビティは、少人数のチームでも大人数のグループでも1つの部屋で実施でき、多目的に使えるようにデザインされているのが特徴です。
  • 挑戦内容:チームは60分以内にスーツケースの中のパズルをすべて解き、最後の暗号を解読しなければなりません。この時間制限のある側面が、参加者の興奮を高め、素早い思考と効果的なチームワークを促します。
  • チームのスキルを加速させる:チーム力を高める このアクティビティは、活発でインタラクティブな環境の中で、思考力や問題解決能力を高めるように作られています。単に答えを見つけるだけでなく、チームメンバーがどのようにコミュニケーションをとり、アイデアを共有し、協力して障害を乗り越えるかが重要です。
  • フルサポート: 現地での総合的なサポートを提供します。経験豊富なファシリテーターが、セッティングからルール説明、ゲーム中の誘導まで、すべてを行います。また、ランキングシステムを導入しているため、フレンドリーな競争もお楽しみください。
  • 最終結果:このアクティビティを通して、チームは強い達成感と一体感を味わうことができます。 課題に取り組むことで、チームメンバーは壁を取り払い、コミュニケーションの向上と絆の強化につながるのです。

「スーツケース・ミステリー」は単なるゲームではありません。チームビルディングのイベントが大成功し、チーム力により良い影響が残ることをお約束します。

最終結果:スーツケースミステリーでチームダイナミクスを変える

課題に取り組むことで、チームメンバーは垣根を取り払うことができ、コミュニケーションの向上と絆の強化につながります。「スーツケース・ミステリー」は単なるゲームではありません。チームビルディングのイベントを大成功に導き、チーム力アップに永続的なプラス効果をもたらすことをお約束します。

「スーツケース・ミステリー」というチームビルディングアクティビティの実施後、目覚ましい成果に対する以下のような喜びの声が届きました:

  1. コラボレーションの強化: 以前はほとんど交流のなかったチームが、今ではより積極的に参加するようになりました。職場での対話と協力が増え、人と人とのつながりが強くなっていることを実感します。
  2. 隠された才能: このアクティビティによって、チームメンバーの隠れた能力が明らかになりました。普段は控えめな人がリーダーシップを発揮したり、問題解決に優れた能力を発揮していたのは良い発見でした。
  3. 士気の向上: みんなでパズルを解いた達成感で、チームの士気が高まりました。このポジティブなエネルギーは職場にも還元され、チームは普段の仕事により熱意とやる気を示すようになっています。
  4. コミュニケーションの向上: アクティビティ中に戦略について話し合い、議論する必要があったため、コミュニケーション能力が向上しました。チームは互いの意見に耳を傾け、それを尊重することを学べました。
  5. さらなる要望: アクティビティ後のフィードバックは圧倒的に好意的で、多くの人が今後も同様のイベントに参加したいと表明しました。この熱意は、このアクティビティがチームダイナミクスと職場環境全体に永続的な影響を与えたことを示していると感じます。

“会社で準備するのは会議室だけ。総務人事担当にとってこれほど楽で有難い 上に、社員の満足感がすごく高いチームビルディングがあったとは! 弊社のように毎年何か計画しないといけない場合、ネタも尽きてきてしまうので、プロにお願いして本 当に良かったです。社員からは今までのチームビルディングで一番良かったと言われました。”

“ゲームの満足感がすごかったので1位チームに景品を用意しなくても誰も文句を言わなかったです。”

フィッチ・レーティングスからのこれらの声は、「スーツケース・ミステリー」の具体的な効果を証明するものであり、このセクションの前半で述べた見解を補強するものと言えるでしょう。これは、このアクティビティが目的を達成する上で効果的であったことを、現実の世界で力強く裏付けているのです。

つまり、「スーツケース・ミステリー」は、チームワークを育み、多様な才能を開花させ、職場の人間関係を向上させる効果的なツールであることが証明されたのです。

Add Your Heading Text Here

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。