チームビルディングが「有害」になるとき:フランスの事例から学ぶ、チームにおける「楽しさ」について再考する必要性とその意義

最近、フランスの裁判所は、ある従業員が「楽しくない」、つまり不快に感じるチームビルディングアクティビティに参加することを拒否したことを理由に解雇することはできない、という判決を下しました。この裁判が、チームやチームビルディング、そして現在の「楽しむ」文化について何を語っているのかを見ていきます。

フランスで最近出た判決が、最近のニュースに小さな波紋を投げかけています。この判決は2015年に、同僚との「有害な」チームビルディングアクティビティに参加することを本質的に拒否したために解雇された男性に関するものです(彼の会社はこれを「職業上の無能」と判断しました)。

通常、私たちは裁判、特にフランスで起きた裁判についてコメントすることはありません。しかし、この裁判はチームビルディングのあるべき姿、或いはあってはならない姿、そして「同僚と楽しむ」という現在の文化が、一般的な労働文化について何を語っているのかを考える絶好の機会を提供してくれていると言えるのです。

また、代替案について考える機会にもなります。これから述べるように、この事例はチームビルディングが「有害」となる場合、つまり、チームの団結や関係強化といった達成しようとする目標そのものを損ねるような働きをする場合を完璧に示しているのです。

チームビルディングの話が国際的なニュースになるのは珍しいので、是非最後までご覧ください。チームビルディングがうまくいかないとどうなるのか、また、一緒に楽しむために絶対にやってはいけないことは何なのかを調査していきます。

面白くない人なので解雇します 

フランスでの事例は、2015年にパリにあるコンサルティング会社から解雇された従業員に関するものです。会社側は解雇理由を「職業上の無能さ」としていますが、この従業員は、自分が不快に感じる交流イベントに参加しないことを理由に解雇されたと非難しています。つまり、「イベントに参加しない、面白くない人だから」という理由で解雇されたのです。

この従業員によると、これらの交流イベントには 「過度の飲酒」「いじめ」「性行為 」が含まれていたそうです。また、参加者が他の同僚とベッドを共にすることを強制されるイベントもあったと主張しています。これらのことから、この従業員はこのような「遊びの文化」に参加することに違和感を覚えたということです。

結局裁判官は、フランスでは従業員は職場の社交行事に参加しないことで言論の自由を表現する権利があり、雇用者は単に「面白くない」という理由で従業員を解雇できないとして、従業員を支持する判決を下したのです。

チームビルディングの会社として、より包括的で、尊重し合い、勇気づけられるチーム環境とそれを支えるアクティビティを推進しようとしている私たちにとって、この話は間違いなく興味を引くものでした。そして、この話からチームが学べる教訓がたくさんあると感じています。

「楽しむ」文化

このケースはかなり極端な例ですが、「楽しさ」や「社会性」にまつわるある種の文化を象徴していると言えます。つまり、みんなが楽しんでいるときに自分も楽しめない、あるいはチームの他のメンバーに合わせられないとしたら、それは「何かが間違っている」のだということです。

このような考え方は最悪の同調圧力であり、感情的ないじめの一つの形態とも言えるでしょう。それは「チーム」という言葉の近くにあってはならないことです。このケースで顕著なのは、アクティビティそのものではなく、従業員がそのアクティビティに不快感を覚えている点と、参加を余儀なくされた点です。

楽しいことは、ただ純粋に楽しいことであるべきです。そして、特に「グループ」についてであれば、楽しいイベントはお酒やパーティー、遊びが好きな人たちだけでなく、関係者全員にとって楽しいものであるべきなのです。

しかし、このような考え方はもっと穏やかな形で表出することもあります。ある特定の方法、ある特定の時間に人付き合いを強制することや、「楽しそうでない」「笑顔が足りない」という理由で罰するのも、そのよくある例です。

私たちは皆、特に仕事において、従うべき特定の規範や基準、社会的な圧力を持っています。しかし、あまりにも厳格に誰かにある種の行動を強制することは、特に誰かの精神的・感情的な安全性を損なう場合には、さらに悪い結果を招くことがあることを忘れてはいけません。これが、心理的安全性の重要性について語る意味でもあります。

人や同僚はそれぞれ違うということを理解することも、「社会契約」の一部なのです。そして、誰もが参加でき、自分の仕事ができるような空間を作ることが、他人と一緒に働くことのすべてであるべきなのです。

「有害」なチームビルディング 

このようなことは、チームビルディングが絡むと、さらに焦点が絞られます。チームビルディングの目的は「チームとして楽しむこと」です。そのため、チーム内の特定のグループだけでなく、チーム全体が楽しめるようなアクティビティを見つけることが特に重要になります。

しかし残念ながら、チームビルディングに取り組むチームの中には、このような方法をとらないところもあります。過去にそうであったから、あるいは単に他の選択肢を知らないからという理由で、一部のチームは包括的でないアクティビティを選択したり、チームメンバーを不快な状況に追い込んだりしてしまっているのです。

これを私たちは「有害なチームビルディング」と呼ぶことにします。チームビルディングの目標(人間関係の強化、コミュニケーション、チームワーク)が、アクティビティそのものやチームメンバーに強制する度合いによって損なわれたり、完全に打ち消されたりすることもあるのです。

「有害なチームビルディング」が行われると、チームはより親密で、より強く、よりまとまりのあるユニットへと発展することは叶わず、むしろその逆が起こります。チームメンバーは憤りを感じ、プレッシャーを感じ、さらには精神的に虐待されているとさえ感じてしまうのです。

チームビルディングの目標

これは通常のチームビルディングと「有害なチームビルディング」を区別するものについて話すのに良いタイミングでしょう。なぜなら、すべてのチームビルディングはこうしたアクティビティに参加することが仕事の一部とされたり、参加を期待されたりするという意味で、何らかの形で「強制」されていると主張する人もいるかもしれないからです。

もちろん、何らかの理由で気分が乗らない、あるいは気が向かない場合は、チームメンバーが参加を見合わせることができるようにすることは、これに対する1つの答えです。しかし、チームビルディングをより充実したものにし、チームメンバーが参加したいと思うものにするために、すべてのチームができるもう一つのことは、アクティビティの目標がチームのニーズと個性に合っているかどうかを確認することです。

「有害なチームビルディング」は、ある意味でチームビルディングのアクティビティに明確で意味のある目標がないことから生じます。その結果、アクティビティそのものが目的になってしまい、より大きな目的(チームとしてより親密になるために一緒にパーティーする、など)に対する手段ではなくなってしまうのです。

あるいは、そのアクティビティがチームが実際に望んでいることや必要なこと(一部の人だけが楽しめる夜の長いイベントよりも、全員が参加できる昼間の短いアクティビティ)から切り離されてしまうこともあり得ます。 

これはすべてのチームが学ぶことができる、また学ぶべき教訓です。チームビルディングのイベントとその背後にある目標についてより意図的になることで、有害性を減らし、チームがこれらの経験から実際に(怒りを増すよりも)利益を得て強く成長することを確実にするのに長い道のりを歩むことができます。

「有害なチームビルディング」とは何か:イベントを企画する際にチームがやってはいけないこと

次のリストでは「有害なチームビルディング」とは何か、そして有意義なチームビルディングのイベントを企画したいのであれば、あなたのチームが避けるべきことは何かを説明します。

1. やりたくないことを無理やりやらせる     

これは当然のことでしょう。社員がやりたがらないことをやらせるのはやめてください。その代わり、チームメンバー全員が楽しめるような、包括的なアクティビティを探しましょう。ただし、「参加しない」という選択肢も残しておくこともお忘れなく。チームメンバーには、仕事や私生活において別の要件が発生することもあります。

そして、みんなが楽しめるようなアクティビティを計画すれば、最終的にはチームメンバー全員が「やらなければならないから」ではなく、「やりたいから」参加するようになります。

2. 全員が楽しめるわけではないアクティビティを中心としたチームビルディング

誰も喜ばないようなイベントを企画し続けるのはやめてください。チームメンバーから過去に好評だったアクティビティを調べ、それをさらに企画するようにしましょう。また、新しいイベントを探しているのであれば、チームメンバーの意見を聞いてみるようにしてみてください。もし、以前からやっているイベントだが、全員が好きなわけではないものがあれば、それを選択制にしたり、非公式の懇親会で実施するようにしましょう。

3. 感情的または身体的に不快な思いをさせること

チームメンバーが「不快だ」と言ったときには、その気持ちを汲んであげましょう。大多数が賛成しているからと言って、誰もが同じように楽しいと思っているわけではありません。あくまで目標は団結した強いチームであり、すべてのことについて同じ意見や感情を持っているチームではないことを忘れないでください。不快な思いをさせることは、チームビルディングの目標を損ない、誰にとっても有害な環境を作り出してしまいます。

4. 「楽しさ」と参加者を切り離すこと

これはチームビルディングを実施する目標を持つ必要性に帰結します。「楽しさ」を手段として掲げてしまうと、そこに関わる人たちのことを忘れてしまうことがあります。「楽しさのための楽しさ」は、実はそれほど楽しいものではありません。「楽しさ」とは、自分の周りにいる人たち、つまりチームと一緒に過ごすことを楽しむということなのです。だから、チームビルディングを計画するときは、「楽しむ」ことから「チームで一緒に楽しむ」ことに考え方を切り替えてみてください。

チームビルディング完全
ガイドブック